←前に戻る

←前に戻る
ヒカゲスミレ 次へ進む→

次へ進む→
 昨年一年で出逢ったすみれたちの中でも筆頭格のお気に入りをお届けしたいと思います。全体がほんわかと黄色味を帯びた花を咲かせているのは、なんとヒカゲスミレだそうです。花の中心部が黄色掛っている個体は普通に見かけますが、全体がきれいな薄黄色で中心部が一段濃いところが抜群ですね。
 しばらく見入っていました。この感覚、自然の中では時折ありますが、鉢ものでは余り遭遇しないものです。イメージは、家柄も育った環境も優れた深窓の令嬢・・・ではなさそうですね。しっかりした考えを持った若者たちという雰囲気でしょうか。パンジーという名前は「物思いに耽る姿に見えた」ことからの擬人的な連想だそうですが、確かに、植物が何かを考えているかのような印象を持ってしまうことがあります。人間とは異質な世界で、実は何かを感じているのかも知れませんね。
徒然草20111月 ≪ 2011/01/05 展示会の花 (37) ヒカゲスミレ
 サイト全体を改造中です。落ち着くまで、時々、リンク切れなどが起こるかも知れません。しばし、ご容赦下さい。
TOP

あなたは2001年2月25日から Counter 人目です。 Thank you ! (^^*) © 2001-2019 NYAN All Rights Reserved
TOP !