←戻る
次へ進む→
タチツボスミレ 進む→
次へ進む→
 冷たい雨が降ったり、気温が上がったり、不安定な早春に、なんとも小さなタチツボスミレが住宅地の日向に一輪咲いていました。タチツボスミレの花びらはミッドシーズンには30mm程度になることもあります。この早春の花びらは、横から距と唇弁の端まで10mmというところでした。
 市街地で見た個体ですが、それでも、すみれの季節が到来しているという気分がふつふつと湧き上がってきますね。
 昨年末、初の入院をしてしまいまして、厄介にも、また2泊の検査入院をしていました。皆さん、健康にはくれぐれもご注意下さいませ。
ページのトップへ戻る