←戻る
次へ進む→
ヴィオラ・プベスケンス 進む→
次へ進む→
 日本国内に自生する黄色いすみれは、一般に栽培には不向きだろうと思われます。多世代にわたって栽培を続け、いわゆる「馴化」を進めた個体群でも、やはり気難しさが完全に消える訳ではありません。
 雪国で普通に見かけるオオバキスミレでも、都会で栽培しようとしたら難物に化けます。ところが、このアメリカキスミレと呼ばれて馴染みのあるヴィオラ・プベスケンスは、余り手間を掛けずに花が咲き、特徴的な果実も見られます。今年も一輪ながら、当たり前のように花を咲かせてくれました。
 ネットで自生地の画像を見ていると、フギレオオバキスミレそっくりな変異も出てきます。やはり、オオバキスミレに近い種なのでしょうね。
ページのトップへ戻る