←戻る
次へ進む→
マキノスミレ かな? 進む→
次へ進む→
 鮮やかな紅紫色の花に濃緑色の葉、千葉県で撮影しました。以下の経緯でマキノスミレと同定されましたが、明らかに典型品ではありませんね。まぁ、何年も通い、徐々に「どちらかと言えばマキノスミレかなぁ」と思うようになりました。
 これは2002年に岡嘉弘氏がアレレっ!と気付き、友人の森将憲氏にメールして、もしかしたら、これは発見だぁーと、仲間とともに千葉県立中央博物館の天野誠先生に同定依頼したという代物とのことです。最終的に、植物分類学の高橋秀男先生(神奈川県立生命の星・地球博物館名誉館員)によって変わり者のマキノスミレとして認識され、その後「千葉県の自然誌(別編2と4)」に掲載されました。
 余談ながら、もう少し南で採集され、シハイスミレとしてハーバリウムに収蔵されている標本があるとか(未確認)。結論は中間型ということでしょう。
 この自生地には何度も出掛けました。ある年、友人とあ-だ、こーだと語りながら撮影をしていた際、唐突に岡氏に出逢いましたよ(笑)。
ページのトップへ戻る