←戻る
次へ進む→
オオタチツボスミレ 写真は2枚構成です(マウス・オンで2枚目を表示) 進む→
次へ進む→
 見るからに大柄な花茎がぐぐっと立ち上がって咲いていますね。まさにオオタチツボスミレという感じではないでしょうか。そばに蕗(ふき)が生えていますが、これは東北地方で見られる、やはり大柄なタイプです。
 因みに撮影地は海に近い平地、防風林にしているらしい赤松の林下だというところがおもしろいと思いませんか。ここでは大柄なナガハシスミレなども見られました。もう一度、ゆっくり散策してみたい自生地ですよ。
彼岸花が萎れ、金木犀が香り始めました。秋の訪れが少しだけ早いようです。雨天が多くて、急に平均気温が下がったためでしょうね。
ページのトップへ戻る