←戻る
次へ進む→
ヴィオラ・ソロリア 'レッドジャイアント' 進む→
次へ進む→
 紅花(べにばな)と呼ばれているすみれは少なくありませんが、ヴィオラ・ソロリア 'レッドジャイアント'の花色は相当に濃くて、つい「真紅」と表現したくなりますね。実際、どの程度なら、そのように呼んで良いのでしょうか。
 栽培環境にも依存しますが、基本的に丈夫で育てやすく、繁殖力も旺盛です。地植えしている庭で、まるでオキザリスのように一面に咲き拡がっている様子を見かけることもありますね。どうやら日本の風土に合うようです。
 とても艶やかな花ですので、棚で咲いていると庭先を通る皆さまの目を惹くようです。『これ、すみれかしら?』という会話が聞こえました。
ページのトップへ戻る