←戻る フイリゲンジスミレ 進む→
←前に戻る 写真:2枚構成 次へ進む→
 今年も購入してしまった残りの1種はフイリゲンジスミレです。シクラメンのようだと言われる特徴的な葉の紋様、裏面は濃紫色をしていますね。この種は国内に自生していないので、位置づけは外来種ということになり、国内には変種に相当するとされる淡い花色のゲンジスミレ(Viola variegata var. nipponica)が各地にポツンポツンと分布します。中国で呼ぶ「斑叶菫菜」の日本版という意味になりますね。
 フイリゲンジスミレは葉の形状が団扇のように(異様に)丸いなぁと思っていました。ところが、これは国内流通している主な園芸種の話であって、大陸には先が尖った披針形の葉を持つ個体群も多く見られるのです。身近なところで判断してはいけませんね。
 春の花であるすみれ。なぜ1月から2月に売り出すのか、不思議でした。この株は今日も元気に咲いています。花が長持ちするのでしょうね。
ページのトップへ戻る