フジスミレ ヒナスミレ 国内水平分布 English
シロバナヒナスミレ [フジスミレの変種ヒナスミレの品種] (白花雛菫)
シロバナヒナスミレ シロバナヒナスミレ
シロバナヒナスミレ 東京都八王子市 2007年3月29日 alt.=367m
シロバナヒナスミレ フイリヒナスミレ
シロバナヒナスミレ 東京都八王子市 2007年3月29日 フイリヒナスミレ 東京都八王子市 2007年3月29日
シロバナナガバノスミレサイシン
フイリヒナスミレの花(正面)と比べてみましょう
100m程離れた場所で見つけました
ぼかした紅色をいれたら似ていますか?

← シロバナナガバノスミレサイシンにも似ていて
ご丁寧に距HELP!の様子も似ているんですね
ただ、萼の付属体の様子が違っていました
シロバナナガバノスミレサイシン 東京都八王子市 2007年3月29日
シロバナヒナスミレ シロバナナガバノスミレサイシン
シロバナヒナスミレ 東京都八王子市 2007年3月29日 シロバナナガバノスミレサイシン 東京都八王子市 2007年3月29日

シロバナヒナスミレ シロバナヒナスミレ
シロバナヒナスミレ 群馬県渋川市 2013年4月26日 alt.=1,050m
分類 ミヤマスミレ類
学名
シロバナヒナスミレ Viola Tokubuchiana var. Takedana f. albiflora Hayashi
茎の形態 無茎種
生育環境 山地の湿り気がある日陰を好む。
分布 (未詳)
 半日陰の林縁で見掛けました。最初、「これは何?」と驚いてしまいました。葉はヒナスミレですが、花がヒナスミレらしくありません。その上、すぐ横20cmにシロバナナガバノスミレサイシンが咲いているのです。「まさか、交雑してしまったの?」。それにしても、このような組み合わせは聞いたことがありません。いろいろ調べて、どうやらシロバナヒナスミレで落ち着きました。
2007/03/30

シロバナヒナスミレ シロバナヒナスミレ
シロバナヒナスミレ やはり、ヒナらしくないという意見があります…


側弁の毛、花柱の形状はヒナスミレと同じです
5枚の花弁が作り出す雰囲気は似ていません


葉は鮮やか系の「緑」ですが、範囲内でしょう
ただ、葉身より葉柄が長く、垂直に立っています
シロバナヒナスミレ 東京都八王子市 2007年3月29日
 同様の個体は、一方の路面を除いて扇形に半径2m程度の斜面を念入りに探してみた限り、10株程度がみつかりました。
 葉の色は鮮やか色系の緑ですが、まぁ、近隣で見られる範囲かと思います。一方、葉身HELP!よりも葉柄が長い株の比率が高いのが気になります。それから、日陰とはいえ、こんなにヒョロっと立ち上がっていましたっけ?
 可能であれば、もう一度確認してみたいと思いますが、いずれにしても結論を出すことはできないかも知れませんね。
2007/04/02

徒然草 2007/03/30 2018/08/11      
2007/03/30 2018/08/11      
(2007/03/30) Latest Update 2018/08/11 [640KB]
TOP

あなたは2001年2月25日から Counter 人目です。 Thank you ! (^^*) © 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
TOP !