ニシキスミレ [スミレの品種] (錦菫)
ニシキスミレ
神奈川県 2008年3月23日 植栽
ニシキスミレ ニシキスミレ
ニシキスミレ ニシキスミレ
千葉県 2003年4月29日 植栽
分類 ミヤマスミレ類
学名 基本種 スミレ Viola mandshurica W. Becker
変種 ホコバスミレ Viola mandshurica var. ikedaeana (W. Becker) F. Maekawa
アツバスミレ Viola mandshurica var. triangularis (Fr. et Sav.) Mizushima
ニイジマスミレ Viola mandshurica var. triangularis f. niijimensis (Nakai) F. Maek. et T. Hashim.
ケアツバスミレ Viola mandshurica var. triangularis f. pubigera Hiyama ex F. Maekawa
品種 ニシキスミレ Viola mandshurica f. albo-variegata Hort. ex F. Maekawa
アナマスミレ Viola mandshurica f. crassa (Tatew.) F. Maekawa
ノコギリスミレ Viola mandshurica f. dispar Honda
シロカネスミレ Viola mandshurica f. hasegawae Hiyama, 1956
ホロムイスミレ Viola mandshurica f. horomuiensis Sugim., 1965, nom. nud.
オオバナスミレ Viola mandshurica f. macrantha (Maxim.) Nakai ex Kitag.
コモロスミレ Viola mandshurica f. plena Hort. ex F. Maekawa

ワカシュウスミレ(俗) Viola mandshurica f. glabripetalla Hiyama
異名 Viola mandshurica f. macrantha (Maxim.) Nakai ex Kitag.
Viola mandshurica var. boninensis (Nakai) M. Mizushima
Viola mandshurica var. boninensis f. bicolor
Viola niijimensis Nakai
Viola patrinii var. triangularis Franch. & Sav.
Viola taiwaniana Nakai
由来 Viola mandshurica : 「満州の」すみれ、ikedaeana : 人名(池田清次郎氏)、triangularis : 三角形の、crassa : 肉厚の、多肉質の
外国語名 【中】東北菫菜、紫花地丁、【韓】제비꽃
茎の形態 葉の特徴以外、母種に準ずる。
生育環境
分布 国内
海外
補足
花の特徴 形状
花期
花柱
芳香
補足
葉の特徴 形状
白、黄、淡赤色の3色による不規則な斑が入る。
補足 夏には斑が消えて行く。秋に出る新芽には斑が入ることがある。
種の特徴 形状 母種に準ずる。
補足
根の特徴
絶滅危惧情報
基準標本
染色体数
参考情報
その他 遺伝的に完全に固定しており、実生で形質を引き継ぐ。栽培の記録は古く、江戸時代から栽培されているとされる(未確認)。

 フイリのスミレとしては、鈴木進氏の『原色すみれ*(出典:G002) 』にキンモンスミレと呼ばれる品種が「葉一面に黄色円形の斑が入った美しいもの」として言葉で紹介されています。それはイワフネタチツボスミレで知られる新潟県の海に近い地域で見いだされたものだそうです。他の資料では、単にスミレの別名(異名)として紹介されていて、本質的に違いがありそうですね。
2008/09/11

 丹念に調べてみますと、橋本保氏WHO!の『日本のスミレ*(出典:N002) 』にも紅白紋の入る品種としてキンモンスミレが登場しています。やはり新潟産という点まで情報が一致していますので、単なるスミレの別名ではなくて、ニシキスミレまたは良く似た品種の別名と理解した方が良さそうですね。
 関連情報ですが、お元気だった橋本先生ですが、今年(2008年)6月中旬に永眠されました。筑波実験植物園経由で情報が入ったのですが、関連する団体、その他からの正式な情報は発信されないままでしたね。一度教えていただいたことがありました。ご冥福をお祈り致します。
2008/09/18


ニシキスミレ ニシキスミレ
千葉県 2014年4月26日 植栽
ニシキスミレ ニシキスミレ
千葉県 2014年5月20日 植栽

徒然草

 (2008/09/11) Latest Update 2019/03/24 [340KB]

ページのトップへ戻る