キソスミレ (木曽菫) [別名:ヤマベスミレ]
キソスミレ(白変種)
キソスミレ(白変種) キソスミレ(白変種)
東京都 2014年3月31日 植栽(白変種)
交雑親
スミレ ゲンジスミレ
  • Viola mandshurica W. Becker
  • Viola variegata var. nipponica Makino
学名 基本種 キソスミレ Viola x kisoana Nakai
変種
品種
異名
由来
外国語名
茎の形態 無茎種間(ミヤマスミレ類)の交雑種
生育環境 両親ともに明るい山地に自生するすみれである。
分布 国内
海外
補足
花の特徴 形状 中輪。側弁は有毛。
濃紫色が多いが、変異があるという。
花期
花柱
芳香
補足
葉の特徴 形状 両親の中間的な形状(卵状または超楕円状披針形)をしている。裏面はゲンジスミレ由来の暗い紫色であることが多いとされる。
【注】白花品は裏面も明るい緑色。
補足
根の特徴
絶滅危惧情報
基準標本 長野県、木曽御岳 (by H.Koidzumi)。
染色体数
参考情報
その他 命名は長野県の木曽地方で発見されたことに由来する。情報は極めて少ない。
写真で拝見した個体は植物体全体に微毛が多かったが、展示会で拝見した個体はそうでもない。

 困ったことに、展示会でやっと出逢ったキソスミレは白変種でした。書籍で知っていた特徴がしっかり出ているとは言えないようです。まぁ、そのうち、自然環境で出逢いがあるのではないかと期待しています。
2015/01/21


徒然草

 (2014/04/04) Latest Update 2019/03/04 [190KB]

ページのトップへ戻る