ナゴウスミレ (名郷菫)
ナゴウスミレ
ナゴウスミレ ナゴウスミレ
東京都 2007年4月7日 植栽
ナゴウスミレ ナゴウスミレ
茨城県 2006年4月15日 植栽
交雑親 フモトスミレ マルバスミレ
  • Viola sieboldi Maxim.
  • Viola keiskei Miquel
  • 岩手県奥州市 2006年5月5日
  • 群馬県勢多郡 2006年5月2日
学名
Viola x sp.
Viola sieboldi x keiskei
茎の形態 無茎種間の交雑種
生育環境 両親の特性より、明るい乾燥気味の林下、林縁と想定(情報不足)。
分布 国内
海外
補足
花の特徴 形状 中輪。側弁には毛がある。
フモトスミレに似た印象の丸い白花を咲かせる。
円筒形。
花期
花柱
芳香
補足 花付きは良いと言われる。
葉の特徴 形状 心臓形。若干の微毛が見られる。鋸歯HELP!はやや粗い。
表面は緑色、裏面は淡い紫色を帯びる。
補足
根の特徴
絶滅危惧情報
基準標本
参考情報
その他 不稔。1976年に小沢進、川上昌之両氏が名郷(埼玉県)で発見した。(「スミレ事典(出典:S001) (三木順一氏WHO!)」より)
 今のところ、すみれ展のような場所でしか目にすることはありません。情報も非常に少ないのですが、両親ともに白くてかわいいすみれですので、なかなか魅力的なものを持っています。(栽培者に謝意を表します)
2007/04/20

 (2007/04/20) Latest Update 2019/03/04 [230KB]

ページのトップへ戻る