←前に戻る

←前に戻る
「幾夜の夢」 次へ進む→

次へ進む→
写真は2枚構成です(写真の上にマウスを置くと2枚目が表示されます)
 では、モデルさんにくるっと一回りしていただきましょう(笑)。正面は乳白色で、裏面は淡紫色の白覆輪、従って、蕾は先端部が白いひょうきんな姿をしています。2~3株ずつ植え込んでいますが、それぞれ花立ちが良くて、次々に蕾が上がってきますから、このような鉢姿で長く楽しむことができます。
 「幾夜の夢」の特徴として、花期の長さが挙げられます。南西諸島産すみれの血統でしょうね。少し日当たりの悪い庭ですが、4月上旬には咲き始め、最後の花が咲き終わったのは6月上旬でした。現在30鉢程度で、最盛期だったゴールデンウィーク前後には栽培棚がとても華やかでしたねぇ。きりっとした明るい緑色の葉が、白い花を引き立たせている点もイチ押しだと思っています。
徒然草20117月 ≪ 2011/07/16 園芸品種の器量 (2) 「幾夜の夢」
 千葉ではセミが鳴かないなぁという感じていました。infoseekによりますと「春から梅雨にかけて」の気温が影響するのだそうです。放射能の影響とかじゃなくてホッとする今日この頃です。
TOP

あなたは2001年2月25日から Counter 人目です。 Thank you ! (^^*) © 2001-2019 NYAN All Rights Reserved
TOP !