←戻る
次へ進む→
トウカイスミレ(裸名) 進む→
次へ進む→
 裸名の状態のまま放置されており、別名で呼ぶ方もおりますが、個人的には自然にトウカイスミレとしています。何度も探しに出て見つけられず、富士山周辺で初めて出逢った時には、そのサイズに改めて驚いてしまいました。極めて小さなすみれです。富士山周辺では大きな群落は余り見られませんが、四国の高山域ではあっちにもこっちにもという風に花を咲かせていました。彼の地では「普通種」なのだと実感したものです。
 フモトスミレの場合、小さな株も見られますが、余り小さくない株も見られます。一方、トウカイスミレの場合、小さい株ばかりです。
ページのトップへ戻る