次へ進む→ ←戻る 進む→ 進む→
ヒナスミレ

 高尾山のすみれたち Part2 ですが、今回は、ヒナスミレを選んでみました。
 写真をご覧いただくとあれっと思われるかも知れません。花弁は細めで白っぽく、ヒナスミレらしさ!が足りていない印象です。それでも、葉っぱはヒナスミレだよ!と主張しており、パーツ単位で見ると顎や距の特徴も同様です。
 半月前の Part1 で登場した個体の方が、まだ、らしさ!があったなぁと思います。ネット上では「高尾すみれ便り」がいっぱいなので参照してみるのですが、皆、丸くて薄紅色の花弁で、らしさ!満開。さて、どうしたことでしょうか。
 今回、観察できた株の数は自分史上で最多でした。歩いたコースの問題というより、山全体がすみれなどの花々で溢れかえっていて、どのコースを選んでも、それなりの個体数を目撃できるのではないかと思います。
 まだ3月。可能な方、出掛けてみるのもよろしいかと。
写真は複数構成(マウス・オン/自動切替)

 明日から少しの間、留守にします。なんとか、天候は回復しそうだと思うのですが、どうでしょうか。
ページのトップへ戻る