四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

御衣黄[桜](バラ科) --- Prunus lannesiana 'Gioiko' ---

サクラ属 イトザクラ ウコン オオカンザクラ オオシマザクラ カワズザクラ  
カンザン カンヒザクラ ギョイコウ ショウゲツ ジンダイアケボノ ソメイヨシノ  
ヒナギクザクラ フクロクジュ フゲンゾウ マメザクラ ヤマザクラ  
御衣黄[桜](バラ科)
 桜の園芸品種である「御衣黄」だと思います。花弁は薄緑色で咲き始めて、徐々に赤みが強くなってきます。特徴がしっかり現われる初期も分り易いのですが、写真のように花の最盛期を過ぎつつあって赤みが強く出ている時期も、逆に分かりやすいと言えましょう。
 八重咲きであり、花弁数は10枚から15枚程度と言われます。「御衣黄」は貴族の衣装の萌黄色を意味します。古い時代から知られ、シーボルトが持ち帰った植物標本にも含まれています。撮影地に補足説明があったのですが、極めてよく似た「鬱金」とは枝変わりの関係にあると推定されているそうです。
撮影 : 東京都八王子市 2009/04/23

科/属 バラ科/サクラ属 属性(生活型) 落葉高木
標準和名 ギョイコウ 漢字表記 御衣黄
学 名 Prunus lannesiana Gioiko' または Cerasus lannesiana Gioiko' RDB
開花期 春:3~4月 結実期
原産地 日本 国内分布 各地に植えられている。
自生環境 栽培品種。
補 足 葉緑体により、花弁に黄緑色が滲む。花期の最盛期が過ぎると、花の中央部が赤みを帯びる。ウコンとともに古くから知られている。

御衣黄[桜](バラ科) 御衣黄[桜](バラ科)
御衣黄[桜](バラ科)
花弁に黄緑色が少し残っていますが、全体としては白色で、花の中央部が赤みを帯びています。
花の中央部には、雄しべが変化した花弁であることが判る痕跡があります。
撮影 : 東京都八王子市 2009/04/23

 開花初期にも観察しているのですが、きちんと撮影をしていないようです(笑)。一期一会、これは!と思った時にしっかり撮影しないといけませんね。

御衣黄[桜](バラ科)
御衣黄[桜](バラ科) 御衣黄[桜](バラ科)
花弁は黄緑色と淡黄色がまだらになっており、中央部が赤みを帯びているのが分かりますね。
御衣黄[桜](バラ科) 御衣黄[桜](バラ科)
撮影 : 千葉県船橋市 2017/04/19

御衣黄[桜](バラ科)
御衣黄[桜](バラ科) 御衣黄[桜](バラ科)
やっと咲き出したばかりの花に出逢うことができました。花全体が黄緑色です。
御衣黄[桜](バラ科)
撮影 : 東京都 2018/04/04
徒然草 2014/05/31 2017/04/28 2018/04/16    
2014/05/31 2017/04/28 2018/04/16    

(2014/05/07) Latest Update 2018/04/16 [540KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る