四季の山野草@(花の写真館)  更新 2018/07/22 - 238 -

カンヒザクラ(バラ科) --- Prunus speciosa ---

サクラ属 イトザクラ ウコン オオカンザクラ オオシマザクラ カワズザクラ  
カンザン カンヒザクラ ギョイコウ ショウゲツ ジンダイアケボノ ソメイヨシノ  
ヒナギクザクラ フクロクジュ フゲンゾウ マメザクラ ヤマザクラ  
カンヒザクラ(バラ科)
 調布市の神代植物公園では多くの桜を見ることができます。ゆっくり廻って幾つかの種を撮影して来ました。植物公園ですので、個々に植物の説明が施されています。
 冬の沖縄で見られるカンヒザクラが4月に咲いていました。沖縄で見た時のイメージと異なり、少し淡い花色ですね。花がサクランボ然としてぶら下がっている姿でもありません。多少の変異はあるということでしょうね。
撮影 : 東京都調布市(神代植物公園) 2005/04/02

科/属 バラ科/サクラ属 属性(生活型) 落葉高木
標準和名 カンヒザクラ 漢字表記 寒緋桜
学 名 Prunus campanulata または Cerasus campanulata RDB
開花期 冬:12~4月 結実期 春:3月~4月
原産地 日本、中国 国内分布 沖縄で野生化している。中国、台湾に分布する。
自生環境 沖縄各地で見られる。基本的には人為的に植えられた園芸種として位置づけられる。
補 足 別名:タイワンザクラ(台湾桜)、ヒザクラ(緋桜)、ガンジツザクラ(元日桜)。学名はカンパニュラ属(キキョウ科)の下向きに咲く花に由来する。

カンヒザクラ(バラ科) カンヒザクラ(バラ科)
わずかですが、花が開いて上や横を向いている点も、少し珍しい感じが・・・
カンヒザクラ(バラ科)
撮影 : 東京都調布市(神代植物公園) 2005/04/02

カンヒザクラ(バラ科) カンヒザクラ(バラ科)
沖縄(本島)を12月に訪れた時には八重岳で三分咲き、2月末の恩納村では果実ができていました
撮影 : 沖縄県国頭郡 2007/02/23

カンヒザクラ(バラ科) カンヒザクラ(バラ科)
沖縄と同じような時期に、濃い紅色の花がぶら下がるように咲いて、おー、それらしい!と感じました(笑)
撮影 : 千葉県船橋市 2009/01/25

カンヒザクラ(バラ科) カンヒザクラ(バラ科)
圧倒的な花数ですが、これが一気に咲くところがすごいですね!
撮影 : 千葉県印西市 2015/03/31

カンヒザクラ(バラ科)
千葉市の公園では3月に咲き出しました

あれ、葉が展開しています

カンヒザクラのはずですが…(後日、確認しました)

この個体も咲き方が少し違っていますね



花期の終焉期でしょう

樹下に花が散って紅色に染まっています
カンヒザクラ(バラ科)
千葉県千葉市 2010/03/27
 「寒緋桜」という呼び名が定着しましたが、従前は「緋寒桜」と呼ばれていました。「彼岸桜」との混同を避ける目的でひっくり返しが行われたのですが、珍しく、うまく運んだレアケースです。

徒然草 2010/03/30 2015/04/05 2017/04/15    
2010/03/30 2015/04/05 2017/04/15    

(2013/03/03) Latest Update 2017/04/15 [600KB]








あなたは2001年3月20日から Counter 人目のお客様です
Thank you ! (^^*) © Copyright 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
ページのトップへ戻る