キタザワスミレ (北沢菫)
キタザワスミレ キタザワスミレ
東京都 2006年4月4日 植栽
交雑親 ゲンジスミレ コスミレ
  • Viola variegata Fischer ex Gingins var. nipponica Makino
  • Viola japonica Langsdorff ex Gingins
学名
Viola x sp.
Viola variegata var. nipponica x japonica
茎の形態 無茎種間の交雑種
生育環境 両親は比較的明るい山地に自生するすみれ同士の組み合わせである。
分布 国内
海外
補足
花の特徴 形状 「日本のスミレ(浜栄助氏WHO!著)」では、自生品でも栽培品でも正常花が見られなかったので、花については不明と記載されている。写真の栽培品を見る限り、コスミレに近い形状と言える。
花色は濃い紅色で、組み合わせから想像されるイメージに反して強めである。
花期
花柱
芳香
補足
葉の特徴 形状 両親の中間的な形態を示し、卵形から写真のような卵状披針形HELP!とされる。
裏は赤紫色を帯びる。
補足 写真はフイリフモトスミレに由来するであろう白斑が入っており、フイリキタザワスミレと表示されていた。
根の特徴
絶滅危惧情報
基準標本
参考情報
その他 諏訪市北沢で見いだされたとされる。

 (2007/10/26) Latest Update 2019/03/04 [105KB]

ページのトップへ戻る