スワスミレ (諏訪菫) [別名:キクバスミレ]
スワスミレ スワスミレ
神奈川県 2009年3月20日 植栽
スワスミレ
神奈川県 2007年3月21日 植栽
スワスミレ スワスミレ
一方の親がタイリンエイザンスミレと記載されており、また葉の色は濃い茶褐色を帯びている。
スワスミレ スワスミレ
神奈川県 2007年3月21日 植栽
スワスミレ
神奈川県 2008年3月23日 植栽
交雑親
エイザンスミレ(大輪) タカオスミレ
  • Viola eizanensis (Makino) Makino
  • Viola yezoensis Maximowicz
学名 基本種 スワスミレ Viola x miyajiana Koidz.
変種
品種 ハグロスワスミレ [俗] Viola x miyajiana f. sordida
異名
由来
外国語名
茎の形態 無茎種間(ミヤマスミレ類)の交雑種
生育環境 沢沿い等の半日陰になる湿った山地。
分布 国内
海外
補足
花の特徴 形状 中輪。側弁に毛があり、萼の付属体にギザギザが目立つ。
薄めの紅色から紅紫色だが、ほぼ白に近いものまで変異に富む。
長めの丸形。
花期
花柱
芳香 微香ありとの情報。
補足
葉の特徴 形状 卵状披針形HELP!から披針形で、エイザンスミレの交雑種にほぼ共通する切れ込みの不規則な鋸歯HELP!がある。
補足 両面に微毛が目立つ。
種の特徴 形状
補足 基本的には不稔だが稀に結実するとされ、群生することがあるという。
根の特徴
絶滅危惧情報
基準標本 長野県諏訪市上諏訪・中洲村・神宮寺山、(1924年5月、宮城・小泉採取、京都大学[総合博物館]収蔵)
agano, oppidum Kamisuwa, Nakasumura, Jingujiyama (Y.Miyaji & H.Koidzumi, May 1924, KYO).
染色体数
参考情報
その他 1924年、千野光茂氏が諏訪市で見出だし、翌年、小泉源一博士WHO!が発表した。
花茎にも微毛が目立つ。長野県などの両親が多い地域では、比較的良く見掛けるとのこと。
三木順一氏WHO!の「スミレ事典(出典:S001) 」では、根からも増え、結実することもあるとしている。

 一方の親がエイザンスミレではなくヒゴスミレであった場合、スワキクバスミレと呼ばれます。ともに諏訪の名が形容されていて混同しそうですが、すみれ王国である信州(長野)ならではの現象ですね。
2007/04/04

 展示会の説明札にはスワスミレ(ハグロスワスミレ)と記載されていました。昨年の記憶で曖昧ですが、大輪系のエイザンスミレとタカオスミレの組み合わせだったように覚えています。
2008/09/25

 どこかの展示会で、エイザンスミレの変種であるヒトツバエゾスミレとヒカゲスミレの品種であるタカオスミレの組み合わせによるスワスミレが出展されていたそうです。おそらく、美しい切葉は見られないのでしょうね。呼称を増やして欲しくないのですが、大きく形状が異なる場合、逆に同じ名前であると混乱を招くのかも知れません。
2010/02/01


スワスミレ スワスミレ
スワスミレ スワスミレ
群馬県吾妻郡 2010年4月24日 alt.=480m
 参加した撮影会(ワークショップ)で、山道の真ん中に咲くスワスミレを観察できました。残念ながら、うまく撮影できませんでしたが、様子は分かると思います。最低でも4個体が確認できましたが、一つは大株で、葉が荒々しいイメージです。周囲に黒褐色の強いヒカゲスミレが見られ、展示会で観察できた葉の色合いと近い様子でした。
2010/05/25


 前述の通り、稔性が認められる交雑種として知られ、開放花でも閉鎖花でも果実が見られるそうです。
2016/08/20


徒然草

 (2007/04/04) Latest Update 2019/09/01 [535KB]

ページのトップへ戻る