←戻る
次へ進む→
ムラサキコマノツメとケイジョウスミレ 進む→
次へ進む→
 なんだか、不思議な写真になってしまいましたね。この時期にしては日差しが強くて絞り込みましたが、もう少し被写界深度(ピントの合う深さ)を浅くできたかも知れません。ほぼ中央に配されている小さな花はムラサキコマノツメ。似た色合いで重なり合い、背景になってしまっている花はケイジョウスミレです。ちょっと遠近感が変かも…。
 数年をかけて、庭の棚を支配するように増えたすみれたちです。ケイジョウスミレは端正な花を咲かせる不明種という時期を経て増えました。ムラサキコマノツメは室内栽培していたら増えて、現在ではあっちこっち自由奔放に花を咲かせています。
 これは勝手な想定ですが、多くの日本人が持つ花弁の色彩的な嗜好として、このような淡紅紫系の色合いが好まれるのではないでしょうか。
ページのトップへ戻る