←戻る
次へ進む→

ヒバントゥス・コミュニス 写真は2枚構成です(マウス・オンで2枚目を表示) 進む→
次へ進む→
 ヒバントゥス・コミュニスの場合、種まきをしなくても、こぼれた種から発芽した小苗を見つけては、適当な鉢に定植すれば済んでしまいます。2ヶ月ほど前に定植した苗がやっと大きくなり、一番花を咲かせました。
 大きな唇弁と上部に配置された小さい花弁の間が黄色ですが、この黄色い部分の面積には少し個体差があります。また、花弁に淡紅色が滲むこともありますね。ヒバントゥス属はスミレ科では大きなグループで、同属の仲間は150種とも言われます。花色は白だけでなく赤紫や橙など多彩ですが、大きな唇弁と上に小さな花弁という配置はほぼ同じかな。
 アップ直前に義父が他界。真夜中にドタバタ移動、3日ぶりに戻ったところです。お茶目な父でした。これで夫婦の父母は私の母を残すのみ。
ページのトップへ戻る