次へ進む→ ←戻る 進む→ 進む→
オクタマスミレ

 キスミレが咲いているということは、それに見あうだけの平均気温に達していたということですよね。それなら、もしかすると…、ということで、もう一つの自生地まで出向いてみることにしました。
 わぁ、オクタマスミレが咲いているじゃないですか!
 少し雲が出て太陽が隠れたため、差し込む弱い陽光を待ちながら撮影しています。この一画にはオクタマスミレであることを示す独特の葉が多かったのですが、結果として、この一画でしか見つけることができませんでした。
 その周辺で両親であるヒナスミレやエイザンスミレの姿がたくさん見られたことに気を良くして、丹念に探してみたのですが、残念ながら、見つけることができませんでした。
 以前、もう少し多くの個体を観察できました。おそらく、出揃うには、もう少しの時間が必要なのかも知れませんね。今回、これで満足すべきでしょう。
写真は複数構成(マウス・オン/自動切替)

 新規コロナ感染者が増加傾向。大人しくしている内に季節は移ろっていきます。悩ましい限り!
ページのトップへ戻る