国内水平分布 English
ヒメミヤマスミレ (姫深山菫)
フイリヒメミヤマスミレ (斑入姫深山菫) ヤクシマミヤマスミレ (屋久島深山菫)
ヒメミヤマスミレ ヒメミヤマスミレ
ヒメミヤマスミレ ヒメミヤマスミレ
フモトスミレに良く似ているが、植物体は少し大きい
小さな白い花をつけるスミレで、薄紅色の距HELP!がかわいらしい
静岡県富士宮市 2000年5月3日 田貫湖
ヒメミヤマスミレ ヒメミヤマスミレ
2005年の個体群とほぼ同地域で撮影しました。ヒメミヤマスミレよりフモトスミレに近い印象があります。
しかしながら、この地域のフモトスミレは右側のような姿をしており、まぁ、花も葉も異なっていますね。
静岡県富士宮市 2006年4月17日 2006年4月10日 田貫湖

ヒメミヤマスミレ ヒメミヤマスミレ
愛媛県西条市 2009年5月10日 alt.=1,070m
ヒメミヤマスミレ
高知県高岡郡 2009年5月9日 alt.=500m

TOP
分類 ミヤマスミレ類
学名 基本種 ヒメミヤマスミレ Viola boissieuana Makino 白花もあります *(注)異説がある
品種 フイリヒメミヤマスミレ Viola boissieuana sp.
変種
ヤクシマミヤマスミレ Viola boissieuana var. pseudo-selkirkii (Nakai) Yahara
異名
Viola pseudoselkirkii Nakai (1925)
Viola sieboldi Maxim. ssp. boissieuana (Makino) F. Maek. et T. Hashim.
var. pseudoselkirkii (Nakai) F. Maek. et T. Hashim. f. albovariegata E. Hama (1976)
Viola sieboldi Maxim. ssp. boissieuana (Makino) F. Maek. et T. Hashim.
var. boissieuana
由来 Viola boissieuana : 人名に由来
外国語名 【韓】 각시제비꽃
茎の形態 無茎種
生育環境 照葉樹林帯林縁に見られるが、垂直分布が広く、亜高山針葉樹林帯まで分布する。
フモトスミレが明るい草地、林縁等に見られるのに比べて、暗く多湿な場所を好む。
分布 国内 東海から四国、九州を結ぶライン(太平洋側)で見られる。
海外  
補足 (注:韓国に分布するとの情報がある)
花の特徴 形状 小輪。
白い花が典型品。唇弁と側弁に紅紫条が入る。
赤紫色、円筒形で短い。
花期 少し遅め(5月)。
花柱 カマキリの頭形(虫頭形)。先端が明確に左右に膨らむ。
芳香 (未確認)芳香があるとされる。
補足 側弁基部に毛があるものと無いものに分かれる。
葉の特徴 形状 三角に近い心形。先端は尖り、基部は深めに湾入した丸い心形。粗い鋸歯HELP!がある。
表裏とも明るい緑色(フモトスミレと異なり、通常、紫色を帯びない)。
補足 葉質は薄い。表裏に毛があるものと無いものに分かれる。
葉脈に沿って白斑が入る型をフイリヒメミヤマスミレと呼ぶ。
種の特徴 形状  
 
補足 朔果HELP!にマルバスミレに似た斑点があるとの情報がある(未確認)。
根の特徴  
絶滅危惧 埼玉県:絶滅危惧Ⅰ類、群馬県:絶滅危惧Ⅰ類、山口県:絶滅危惧Ⅰ類、長崎県:絶滅危惧Ⅱ類
基準標本 高知県吾川郡 1888/4/22 渡辺荘兵衛
高知県高岡郡 1893/5 牧野富太郎WHO! (横倉山)
愛媛県(石鎚山)
染色体数 2n=24
その他 花の形状や側弁の毛、葉の裏面の色等、特徴の異なるグループが認められている。
フモトスミレとの違いとして、鋸歯が粗くて裏面が紫色を帯びないとされるが、これは典型品の特徴を示しているのであり、葉が披針形で裏面が紫色を帯びるグループも九州等で認められ、同定の決定打にはならない面をのぞかせる。
 このすみれについては、かなり困っています。特徴が異なるグループの一つはトウカイスミレとして別種扱いとなりました。ではシンプルになったかというと、決してそうでもありません。資料は古いままのものが多く、まだ調整中というところでしょうか。
 グループ分けをした方が分かりやすいと思われます。変異として白斑が入るものがあります。
【東海型】トウカイスミレとして別種に分離。
 東海地方などの太平洋岸に分布する小型種。花色は表裏とも淡い紫、葉は両面が明るい緑色。距HELP!は赤紫で丸い。
【横倉型】関東以西に分布。
 花茎が長く、花色は乳白色地に赤紫条が入る。花弁は細長い。葉表面が明緑色で裏面は白っぽい。鋸歯は粗い。基部は深い心形。
【高隈型】主に九州に分布。
 花茎が長く、花色は乳白色地に赤紫条が入る。花弁は細長い。葉裏面が紫掛っている。基部は深い心形。
2007/05/10
 ヒメミヤマスミレは「フモトスミレの亜種HELP!」とする表現が多いようです。学名については紆余曲折を経て、現在でも一貫性を欠く状況と言えます。このサイトを編集するにあたり、指標としている資料があるのですが、その内容と多くの書籍の記載を比較した上で、自分なりの判断をしています。このすみれは、前者と後者の記載が際立って異なる稀有な例なのです。
2009/03/06

徒然草 2007/05/14 2018/01/11      
2007/05/14 2018/01/11      
(2001/02/03) Latest Update 2018/09/02 [365KB]
TOP

あなたは2001年2月25日から Counter 人目です。 Thank you ! (^^*) © 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
TOP !