リュウキュウシロスミレ (琉球白菫)
[アリアケスミレと同等のレベルに位置する変種] 、[別名:エナガスミレ、ヤノネシロバナスミレ(稀)、タイワンヤノネスミレ]
リュウキュウシロスミレ リュウキュウシロスミレ
リュウキュウシロスミレ
花茎がとても長くエナガスミレの異名を持つ
この性質は優性遺伝するようで、交配親に利用すると花茎が長くなる傾向がある
沖縄県国頭郡 2007年2月26日 alt.=43m
リュウキュウシロスミレ
リュウキュウシロスミレで良いと思います
ただ、葉の形状を確認していません(撮影時はリュウキュウコスミレと思っていたのです)
沖縄県国頭郡 2007年2月23日 alt.=16m
リュウキュウシロスミレ リュウキュウシロスミレ
沖縄県国頭郡 2007年2月26日
リュウキュウシロスミレ リュウキュウシロスミレ
神奈川県 2012年3月22日 植栽(西表島産)
分類 ミヤマスミレ類
学名 基本種 リュウキュウシロスミレ Viola betonicifolia Smith
変種
アリアケスミレ Viola betonicifolia var. albescens (Nakai) F. Maekawa et T.Hashimoto
リュウキュウシロスミレ Viola betonicifolia var. oblongo-sagittata (Nakai) F. Maekawa et T. Hashimoto
品種
異名 Viola betonicifolia f. violascens Nakai
由来 betonicifolia : ベトニー(ハーブ)に似た葉を持つ、 albescens : 白っぽい
外国語名
茎の形態 無茎種
生育環境 明るい平地で見られる。
分布 国内 九州(奄美大島を含む)、沖縄、沖永良部島他の南西諸島に分布している。
海外
補足 タスマニア、オーストラリア、台湾に自生を示す資料があるが基本種(アリアケスミレ)の情報である可能性がある。
花の特徴 形状 中輪。側弁に毛がある。
花色は白色から濃淡紫色まで変化に富んでいる。
太くて短い。
花期 花期はとても長く、11月から4月位まで咲き続ける。
花柱 カマキリの頭型。
芳香 あり。
補足 は広い披針形HELP!
葉の特徴 形状 三角状披針形。矢じり型になるものもある。
両面とも明るい緑色。表裏で差が少ない。
補足 葉柄に少し翼HELP! がある。一株に多くの葉が見られる。
種の特徴 形状 小粒から中粒。涙滴形(膨らんだ楕円形)。
茶褐色から黄土色。
補足 果実は三角状楕円形。
根の特徴 褐色。
絶滅危惧情報 鹿児島県:準絶滅危惧種
基準標本
リュウキュウシロスミレ : 沖縄県名護市 嘉津宇岳 1922 by Z. Tashiro
リュウキュウシロスミレ : (別の情報)沖縄県本部間切佳楚岳 1887 by 田代安定WHO!
染色体数 2n=72
参考情報 琉球の植物データベース
その他 花茎が長いものが多く見られた。アリアケスミレの南方型と説明されることがあるが、ともに外国種の変種とされる。

 リュウキュウシロスミレに出逢ったら、すぐに分かるつもりでしたが、恥ずかしながら後で写真で分かったものがあります。まぁ、山野で初めて見るので仕方がないと考えることにしましたが、どうして分からなかったのでしょうか。
2007/03/02

 元気そうな花に顔を近づけると心地良い芳香を確認できました。花色も全体の姿も、とても魅力的なすみれです。
2007/03/04


徒然草

 (2007/03/02) Latest Update 2019/07/20 [270KB]

ページのトップへ戻る