ミドリタチツボスミレ [タチツボスミレの品種] *異論あり (緑立坪菫)
ミドリタチツボスミレ ミドリタチツボスミレ
ミドリタチツボスミレ ミドリタチツボスミレ
群馬県 2004年5月3日

ミドリタチツボスミレ ミドリタチツボスミレ
ミドリタチツボスミレ ミドリタチツボスミレ
HELP!はかなり小さい方でしょう
紫条と花弁に淡いピンク色が入り、葉の裏面は普通の緑でした
ミドリタチツボスミレ
静岡県富士宮市 2000年5月3日 田貫湖畔の別荘地
分類 タチツボスミレ類
学名 基本種 タチツボスミレ Viola grypoceras A. Gray
変種
品種 ミドリタチツボスミレ Viola grypoceras f. viridans Hiyama
異名
由来
外国語名 品種として発表されているが、何らかのストレスによる個体変異としての「先祖返り」、単に病気とする意見がある。

花が正常に形成されていない点などを除き、タチツボスミレと変わらない。
茎の形態
生育環境
分布 国内
海外
補足
花の特徴 形状
花期
花柱
芳香
補足
葉の特徴 形状
補足
種の特徴 形状
補足
根の特徴
絶滅危惧情報
基準標本
染色体数
参考情報
その他

 このすみれは花が「葉化」したものと説明されており、一種の「先祖がえり」なのだそうです。すみれ仲間情報を集約すると、比較的多く見つかるもので、どこか特定の地域で見られるものではないようです。タネはできるのですが、その性質は固定されてはいないと説明を受けたことがあります。淡いピンクを帯びるという特徴は普遍的です。違う植物でも、時折、見られるそうです。
 2001年3月、新進の美人野草愛好家(^^)より「お仲間情報」があり、オオタチツボスミレの葉化したものを見たことがあるとのことです。ただ、翌年には普通のオオタチツボスミレに戻っていたとのことで、「ただの突然変異だったのかしら~?」とのことでした。
 タチツボスミレ以外では稀ですが、ニオイタチツボスミレ(ちょっと記憶が曖昧?)の「葉化」をスライドで見せていただいたこともありました。
2000/05/04

 地上茎からも花茎が出るところ、葉や托葉HELP!の形状を含む植物体全体はタチツボスミレの特徴を示しています。花の形状が横長で平べったく、上を向いているところ、距が極端に短いところは、多くのタチツボスミレとはかなりイメージが異なります。花弁、花茎、葉、葉柄の全体を通して毛は見られません。
 すみれを探す時、やはり無意識に花の色を目印にして探していることを自覚しました。緑色のすみれを見つけたのが偶然だからです(他のすみれを撮影している足元に咲いていた)。近隣を30分以上探して、数株しか見つけることができませんでした。逆に言えば株単位の変異ではないことが分かります。1株は20m以上離れた場所で見つけましたので、種で増えているものと推測できます。
2007/05/01

 この「葉化」という現象について、「先祖返り」であると同時に「ウィルスによる病気」とする見解は少なくないようです。見方はそれぞれですが、病気というよりもホルモン異常による花弁の形成不全と見るべきではないかと思っています。確かに、トウモロコシのような農作物に発生すれば「病気」と呼んでも当然でしょう。でも、萼や蕊が花弁と似た姿になる「弁化」が発生すれば、二重咲きや八重咲きと呼ばれて、園芸品種として重宝される訳ですね。
 八重咲きのパターンだけでなく、ポインセチアの上の方の葉が朱色や象牙色になっている現象も弁化の一つです。固定して通性(常に発生する)と、そうでない場合があり、後者で人間の目で見て貧弱な現象であると「奇形」と呼ばれてしまいます。
 植物形態学の系統発生(進化)では、葉、花弁、萼片、雄蕊、雌蕊、心皮等の各器官は同じ起源である、すなわち相同であると考えられています。葉化について、昔から直感的に「それほど特別なことではない」と感じていたのですが、その理由は、私の世代にしか分からないかも知れませんが、アニメーションにもなった「ふしぎなメルモ(手塚治虫氏原作)」にあるのです(笑)。
2009/11/11


徒然草

 (2000/05/04) Latest Update 2019/07/15 [285KB]

ページのトップへ戻る