ヴィオラ・バンクシイ (旧称) ヴィオラ・ヘデラケア - Viola banksii -
ヴィオラ・バンクシイ(旧称:ヘデラケア)
千葉県 2010年5月28日 植栽
ヴィオラ・バンクシイ(旧称:ヘデラケア) ヴィオラ・バンクシイ(旧称:ヘデラケア)
千葉県 2009年5月17日 植栽

ヴィオラ・バンクシイ(旧称:ヘデラケア) ヴィオラ・バンクシイ(旧称:ヘデラケア)
ヴィオラ・バンクシイ(旧称:ヘデラケア)
千葉県 2010年11月27日 植栽
分類 Erpetionグループ
学名 基本種 ヴィオラ・バンクシイ(旧称:ヴィオラ・ヘデラケア) Viola banksii K.R.Thiele & Prober
変種
品種
異名 Viola hederacea Labill.(旧称)
園芸種
Viola banksii 'Baby Blue' (淡青色)
Viola banksii 'White Glory' (純白微香種と説明されている)
由来 banksii: バンクスの、Sir Joseph BanksWHO! (1743-1820) 探検家、植物採集家。
外国語名 【台】腎葉菫、熊猫菫、【英】Ivy Leaved Violet, Tasmanian Violet, Australian violet, Trailing violet
茎の形態 有茎種
生育環境 山地から海岸の荒れ地。栽培では余り環境を選ばないが、多くの花を咲かせるなら明るく湿り気がある方が良い。
分布 国内
海外 オーストラリア東北部、マレー半島中部。
補足 オーストラリアの自生環境では通年開花するとのこと。
花の特徴 形状 小輪。
白い花びらの中央部が青紫色。中央に小さなオレンジの花柱がある。
ほとんど見えない。
花期 (国内の栽培環境で)真冬と真夏以外は花が見られる。
花柱 細長い棒状。
芳香 ない。ただし、海外ナーセリーの資料では芳香性とされ、'White Glory'は微香と表現される。
補足 長い花茎がスーッと伸びて反り返り気味の花が咲く。
葉の特徴 形状 全体は少し角張った丸型。基部は心型。
濃緑色。
補足
種の特徴 形状
補足 日本で流通している個体群には稔性がない。
根の特徴
絶滅危惧情報
基準標本
染色体数 2n=54
参考情報
その他 2004年、Kevin Thiele.によってV. banksiiに修正された。

ヴィオラ・バンクシイ(旧称:ヘデラケア)
千葉県 2011年5月28日 植栽

 匍匐枝(茎)HELP!でイチゴのように増殖します。普通に市販されてますが、「パンダスミレ」、「ツルスミレ」、「ツタノハスミレ」といった名前が付いています。1999年秋には、「タスマニアビオラ(N社)」、「パープルピコティ(J社)」、2000年には「ウィンズビオラ」、「クリーピングすみれ」などという名前で市販されていました。"ヘデラケア"という名称が小さく記載されているものもありますが、記載がないものが多いようでした。表面的にはバンクシイヘデラケアとの違いは見当たりません。
 バンクシイヘデラケアはViola属ですが、ViolaグループではなくErpetionグループに属します。四季咲きと表現されます。確かに4月から11月まで次々に花を咲かせますが、冬と夏場はお休みします。冬に室内で育てたところ、12月ぐらいまでは咲いてくれました。夏場も涼しくしていれば咲くかも知れません。寒がりなので、冬場は暖かい場所に移しましょう。
 通常、一般流通している株は不稔性で栄養体生殖で増殖させますが、時折、稔性のある個体が見られます。原産地では当たり前に見られるものではないか思いますが、ビジネスベースで考えれば、タネができない株の方が好ましいかも知れませんね。ところが、ホームセンターで安い価格で入手したポット苗の株に朔果HELP!ができたのです。固いのでタネを得ることができるかも知れません。
2006/08/20

 "ヴィオラ・ヘデラケア"という名前が 'Old or Invalid Name' や 'Previous Name' という扱いになっています。変更は2004年、'New Name' は Viola banksii です。主旨は「タイプ標本と一致しない(Invalid)」ということでした。過去の情報については注釈を、新規の情報については変更したいと思います。ただし、まだ全く浸透していないので、"ヘデラケア"という言葉を残すことがありますので了解して下さい。タイプ標本が示す(本当の)"ヘデラケア"は、もう少し大人しいすみれらしいということです。
2007/04/18

 Viola hederacea は Joseph Banks と Daniel Solander によって1770年に採集されましたが、タイプ標本は Jacques Labillardiere がタスマニアで採取するまで、消失または確認できなくなっていたされていました。ところが、結果的に、両者は同じものではなかったことが混乱の根源で、その後、一般流通していた方の Viola hederacea は、前述の通り、2004年に Kevin Thiele. によって V. banksii に修正されることになりました。
2010/08/10


ヴィオラ・バンクシイ(旧称:ヘデラケア) ヴィオラ・バンクシイ(旧称:ヘデラケア)

ヴィオラ・バンクシイ(旧称:ヘデラケア) ヴィオラ・バンクシイ(旧称:ヘデラケア)
ヴィオラ・バンクシイ(旧称:ヘデラケア) ヴィオラ・バンクシイ(旧称:ヘデラケア)
千葉県 2001年9月15日 植栽
花期の短いスミレの仲間の中で1年の半分は咲いている珍種(?)です
匍匐枝(茎)HELP!が長く伸びるのでハンギング造りにも良いのでは・・・

徒然草

 (1999/10/16) Latest Update 2019/03/11 [270KB]

ページのトップへ戻る