国内水平分布 English
ウンゼンスミレ(雲仙菫)
ウンゼンスミレ
ウンゼンスミレ ウンゼンスミレ
東京都 2012年4月7日 植栽
交雑親
アカネスミレ ( 2n=24 )   (フイリ)シハイスミレ ( 2n=24 )
アカネスミレ x (フイリ)シハイスミレ
学名 Viola x greatrexii Nakai et F. Maekawa ex F. Maekawa
生育環境 両親の自生する明るい森林と想定されるが、ほとんど資料がない。
花の特徴 中輪。薄い青紫色の丸弁、側弁に毛があり、距は丸い筒型(有毛)。
葉の特徴 卵状または楕円状披針形。表面は暗い緑色、裏面はシハイスミレ同様に紫色を帯びる。葉の表面にはアカネスミレ由来の短毛が両面にある。「信州のスミレ」では両面が有毛と解説している。展示品では見られなかったが、フイリシハイスミレが一方の親である場合、白斑が見られるとされる。
芳香性 なし。
その他 長崎県温泉岳(現在は雲仙岳と呼ばれる)で、英国人F. C. Greatrex氏が採取(タイプ標本 1930/4/5)。その後の発見例は少ない。不稔。子房には毛がある。
稔性があるとの未確認情報があるようです。
 展示会で拝見した個体は、人為的に交配してウンゼンスミレを再現したものであるとの説明がありました。浜栄助氏WHO!の『原色日本のスミレ*(出典) 』の記載では、両親は「推定」として記載されていますが、こうした交配によって、推定であったものが確認され、個体が復活するという訳です。
2012/04/13
 最近では普通に「ウンゼンスミレ」の名前で園芸流通しているようです。「推定」とされた時代は終わったということかも知れませんね。
2013/11/07
 石井大氏が長年の研鑽により交配に成功しておられるのですが、このページの写真は、文字通り、その成果が花を咲かせた個体たちのようです。なにしろ、最近は市販品があるそうで、隔世の感があります。ただし、どうした訳か、それはシハイスミレとコスミレの交配種であるとの未確認情報があるとか、正確な情報があると助かりますね。
2016/11/30

ウンゼンスミレ ウンゼンスミレ
ウンゼンスミレ
東京都 2016年3月31日 植栽
徒然草 2012/12/09 2016/12/01      
2012/12/09 2016/12/01      
(2012/04/13) Latest Update 2016/12/01 [260KB]
TOP

あなたは2001年2月25日から Counter 人目です。 Thank you ! (^^*) © 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
TOP !