エドスミレ (江戸菫)
エドスミレ エドスミレ
エドスミレ エドスミレ
神奈川県 2010年3月19日 植栽
エドスミレ
神奈川県 2009年3月20日 植栽 (俗称「ベニバナエドスミレ」)
エドスミレ エドスミレ
神奈川県 2011年3月21日 植栽 (俗称「ベニバナエドスミレ」)
交雑親 スミレ エイザンスミレ
  • Viola mandshurica W. Becker
  • Viola eizanensis (Makino) Makino
学名
Viola x tokyoensis F. Maekawa et T. Hashimoto
Viola mandshurica x eizanensis
茎の形態 無茎種間の交雑種
生育環境
分布 国内
海外
補足
花の特徴 形状 中輪から大輪。丸目でふくよか。
親次第だが、濃いめの色になることが多い。
花期
花柱
芳香
補足
葉の特徴 形状 基部は浅い心形で葉先が尖る長三角状披針形HELP!。不規則な切れ込みが入る菊葉状になることが多い。
濃緑色。
補足
根の特徴
絶滅危惧情報
基準標本
参考情報
その他 稔性がない場合が多いとされている(不完全稔性)。
 自然交雑としても知られますが、長く園芸品種として親しまれています。ある資料によると、江戸時代から観賞目的で栽培されていたと言われます。名前の付け方はスミレの交雑種のルールに従っているようですね。この名前は遺伝子というよりも組み合わせに対して付けられたもので、スミレとエイザンスミレとの組み合わせであれば、どんな型でもエドスミレと呼ぶことになります。ですから、親の型によって多彩なエドスミレが存在することになります。
2009/12/02

 命名の由来が分からないのですが、学名が Viola x tokyoensis ですから、東京に因んで「江戸」という名前をもらったのかも知れませんね。意外に情報の少ない交雑種です。
2010/03/17

 (2009/12/02) Latest Update 2019/03/04 [295KB]

ページのトップへ戻る