ヒゴスミレ【白変種】 (肥後菫)
ヒゴスミレ(白変種)
神奈川県 2009年3月20日 植栽
ヒゴスミレ(白変種) ヒゴスミレ(白変種)
ヒゴスミレ(白変種) ヒゴスミレ(白変種)
神奈川県 2009年3月20日 植栽
分類 ミヤマスミレ類
学名 基本種 ナンザンスミレ Viola chaerophylloides (Regel) W. Becker Bull. Herb. Boiss. ser. 2, 2: 856 (1902)
変種 ヒゴスミレ Viola chaerophylloides var. sieboldiana (Maxim.) Makino B. M. T. 19: 87 (1905)
品種 色素関連の項目を除き、母種(ヒゴスミレ)を参照下さい。
異名
由来
外語一般名
茎の形態
生育環境
分布 国内
海外
補足
花の特徴 形状
花期
花柱
芳香
補足
葉の特徴 形状
補足
種の特徴 形状
補足
根の特徴
絶滅危惧情報
基準標本
染色体数
参考情報
その他
 「純白種」として市販されていたという説明書きがありました。その説明書きには「わずかに色がのる」と記載があったのですが、その場で見ても、画像データを拡大して見ても、それらしい様子がありません。これはヒゴスミレの白変種HELP!で良いと思います。うっすらと条の痕跡が見えていますが、他の白変種でも同様です。
 タチツボスミレの白変種にはシロバナタチツボスミレ、ニョイスミレにはシラユキスミレという標準和名があり、学名まで付いているのですが、ヒゴスミレの場合、和名も学名も確認できません。まぁ、ヒゴスミレ(白変種)と表現すれば良いのですから、何ら問題はないと思いますが、不思議ですね。
2009/10/21


(つぶやきの棚)徒然草

 (2009/10/21) Latest Update 2022/08/24 [315KB]

ページのトップへ戻る