基本種 国内水平分布 English
ダイセンキスミレ [オオバキスミレの亜種] (大山黄菫)
ダイセンキスミレ
広島県西城町 2007年4月27日 alt.=1,013m
ダイセンキスミレ ダイセンキスミレ
ダイセンキスミレ ダイセンキスミレ
ダイセンキスミレ ダイセンキスミレ
ダイセンキスミレ ダイセンキスミレ
広島県西城町 2007年4月27日
分類 キスミレ類
学名 基本種 オオバキスミレ Viola brevistipulata (Franch. et Savat.) W Becker
亜種 ダイセンキスミレ Viola brevistipulata ssp. minor Nakai
異名 Viola brevistipulata var. kishidae (Nakai) F. Maekawa et T. Hashimoto (1968)
由来 brevistipulata : 短い托葉がある
外国語名 【韓】 털노랑제비꽃 (ただし、韓国名がある理由は不明)
茎の形態 有茎種
生育環境 明るい亜高山の路傍、草地等に見られる。基本的に多雪地帯に分布する。
分布 国内 中国山地に分布し、花弁の裏側は暗紅褐色(淡紫色)のぼかしを帯びる。
他は基本種に準ずる。
海外
補足
花の特徴 形状
花期
花柱
芳香
葉の特徴 形状 小さめ(1.5~2cm)、全体には心形から三角状心形。脈に沿った凹みが見られる。
肉厚。表面は光沢のある濃緑色。裏面は赤みを帯びる。
托葉 小さな三角形で全縁(切れ込みがない)。
葉の縁、裏の葉脈HELP!に目立たない微毛が生え、ゆるやかな鋸歯HELP!がある。
種の特徴 形状  
 
 
根の特徴 大きく太い、数も多い。
絶滅危惧 島根県:絶滅危惧Ⅱ類、広島県:準絶滅危惧種
基準標本 大山(鳥取県)
染色体数 2n=12
その他 オオバキスミレの小型化した亜種(HELP!従前は変種とする資料がほとんどであった)。
茎は紅紫色。根茎は太くて、長く延びない傾向がある。
 標高800m以上の高山から亜高山に見られるという情報を頼りに、1,000mに到達する山を選んで登って行ったところ、ぴったり1,000mを越えた地点でいきなり現れました。そこからは、路傍と言わず、特に場所を選ばずに花を咲かせていました。根茎を伸ばさず、キスミレに似た風貌をしているとのことでしたが、ご覧の通り、個体差または生育環境から生じる差異という程度であり、基本的にナエバキスミレと大きな違いは感じられませんでした。確かに、背が低くて矮化した個体が多いのは事実のようです。
2007/05/01
 北海道大学による2013から2016年の研究によると、『開放花と閉鎖花を形成すると共に、根茎による栄養繁殖を行うことが明らかになった』とされる。
2017/10/25

徒然草 2007/05/01 2008/02/25      
2007/05/01 2008/02/25      
(2007/05/01) Latest Update 2018/09/02 [350KB]
TOP

あなたは2001年2月25日から Counter 人目です。 Thank you ! (^^*) © 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
TOP !