国内水平分布 English
ヒメスミレ (姫菫)  [別名:ナガサキスミレ、ニョライスミレ、アイスミレ(稀)]
ウスイロヒメスミレ (薄色姫菫)
ヒメスミレ
茨城県つくば市 2006年4月15日
ヒメスミレ ヒメスミレ
東京都 2008年3月27日 植栽
ヒメスミレ ヒメスミレ
千葉県佐倉市 2011年4月16日
TOP
分類 ミヤマスミレ類
学名 基本種
Viola inconspicua Blume
亜種
ヒメスミレ Viola inconspicua Blume
  ssp. nagasakiensis (W. Becker) J.C.Wang et T.C.Huang, 1990
品種
ウスイロヒメスミレ Viola inconspicua Blume
  ssp. nagasakiensis f. albescens (Taken.) Yonek.
異名
Viola confusa Champ. ex Benth. ssp. nagasakiensis (W. Becker) F. Maek. et Hashim.
Viola betonicifolia var. oblongosagittata (Nakai) F. Maek. & T. Hashim.
Viola minor (Makino) Makino
Viola chinensis G. Don
Viola philippica ssp.malesica W. Becker その他、多数の異名が認められる
由来 inconspicua : ,nagasakiensis : 長崎の, Viola minor : より小さい
外国語名 【中】 長萼菫菜 chang e jin cai
茎の形態 無茎種
生育環境 人家周辺の道端等、明るく乾燥気味の場所で見られることが多いが、寒冷地では見られない。アスファルトの隙間から顔を出すような姿が繁く見られ、乾燥に強く、丈夫。
分布 国内 秋田以南に広く分布するが、標高500m以下が目安で内陸部では余り見られない。
海外 中国、台湾、フィリピン、ベトナム、インド、ミャンマー、マレーシア、ニューギニア
補足  
花の特徴 形状 小輪から中輪。側弁の基部には短い毛がある。
濃紫色でスミレに似ているが少し細長い印象がある。唇弁と側弁に紫条が入る。
円筒形で短い。
花期 普通。
花柱 逆三角形。
芳香 微香がある。
 
葉の特徴 形状 長三角(または楕円)状披針形HELP!
表面は濃いめの(暗い)緑色で軽く光沢がある。裏面は紫色を帯びるものがある。
葉柄には翼HELP! がない(上方の一部に翼が見られることがある)。両面とも無毛。
種の特徴 形状 倒卵形。小粒。
淡褐色から黒褐色。
果実一つ当たり、30~40個程度。
根の特徴 淡褐色から褐色。
絶滅危惧 鹿児島県:準絶滅危惧種
基準標本 中国南部。
染色体数 2n= 48 (24, 72)
その他 全体にスミレより小型ではあるが、長さ8cm程度の個体もある。根は白く太い。
ツクシヒメスミレ等の品種に区分されることもあるが、ここでは別名として扱う。
夏場に根腐れを起こしやすいので、種子による更新を確実に行いたい。
 独立種(Viola minor)とする説もあるとのことですが、文献ではタイワンコスミレ(Viola confusa)の亜種HELP!とする記述が多いようでした。
1999/10/18
 上記の学名欄を修正しました。幾つかの資料を再検討して、標準名(Viola inconspicua)、別名(Viola confusa)と記載しておきます。実際、日本の文献では後者を記載するケースが多いのですが、Taiwania 35: 41 (1990) の記載に従うことにしました。ただ、台湾のサイトでは、前者を「小菫菜」、後者を「短毛菫菜」と呼び、全く別種として扱っています。写真を見る限り、前者は大柄なヒメスミレで、後者はコスミレに似ていますね。
2008/07/22
 2年前のすみれ展示会で「ヒメスミレ たづ姫」と記載されていた鉢を複数見掛けました。一部は下欄の 2006/04/17 を参照して下さい。一方、「写真集 日本のすみれ(出典) 」に中尾田鶴子氏が見つけたシロバナケヒメスミレという写真が(f. leucantha)として掲載されています。「たづ姫」とは「田鶴子さんが見つけたヒメスミレ」なのでしょうか。まぁ、偶然ではないような気がしますね。
2008/07/22
ヒメスミレ 人家周辺に咲くスミレ

スミレ(=マンジュリカ)に良く似ているが

全体に小さく、葉の形状もかなり異なる




駐車場入口の路肩の隙間に

ギュウギュウ状態で咲いていた
千葉県船橋市 2000年9月16日
ヒメスミレ ヒメスミレ
千葉県船橋市 2000年4月1日
 秋に同じ場所を訪れたところ、実生と思われる若い個体群に更新されていました(左上)。花期の葉とイメージが異なるところが、おもしろいですね。
2000/09/16
TOP
ヒメスミレ ヒメスミレ
千葉県佐倉市 2010年3月27日 神奈川県津久井郡 2001年4月8日
ヒメスミレ 雨が降り出して帰ろうとした時、

石畳の隙間にヒメスミレを見つけました


とにかく、狭いところが好きなんですね
千葉県佐倉市 2003年4月12日
ヒメスミレ ヒメスミレ
東京都豊島区 2000年4月12日
ヒメスミレ
神奈川県 2008年3月23日 植栽
ヒメスミレ
愛知県 2008年4月5日 植栽 たづ姫(熊本で見つけられた色変わり品)とみられる
TOP
徒然草 2001/12/22 2002/03/14 2002/03/27 2002/06/18 2002/08/23
2001/12/22 2002/03/14 2002/03/27 2002/06/18 2002/08/23
2002/09/24 2002/10/11 2002/10/14 2003/02/25 2003/03/24
2002/09/24 2002/10/11 2002/10/14 2003/02/25 2003/03/24
2003/04/09 2003/04/14 2003/04/27 2003/10/17 2003/11/05
2003/04/09 2003/04/14 2003/04/27 2003/10/17 2003/11/05
2004/03/14 2004/04/01 2005/02/05 2005/03/24 2005/04/16
2004/03/14 2004/04/01 2005/02/05 2005/03/24 2005/04/16
2005/08/02 2006/01/14 2006/03/18 2006/04/04 2006/04/17
2005/08/02 2006/01/14 2006/03/18 2006/04/04 2006/04/17
2007/09/25 2008/08/12 2008/10/16 2008/10/18 2008/12/01
2007/09/25 2008/08/12 2008/10/16 2008/10/18 2008/12/01
2009/01/19 2009/03/22 2009/04/06 2009/09/15 2010/03/10
2009/01/19 2009/03/22 2009/04/06 2009/09/15 2010/03/10
2010/03/28 2010/07/15 2011/03/31 2011/04/16 2011/06/12
2010/03/28 2010/07/15 2011/03/31 2011/04/16 2011/06/12
2012/04/17 2012/07/06 2013/03/20 2014/04/16 2015/03/15
2012/04/17 2012/07/06 2013/03/20 2014/04/16 2015/03/15
2015/03/26 2015/04/07 2015/04/30 2016/02/18 2016/03/17
2015/03/26 2015/04/07 2015/04/30 2016/02/18 2016/03/17
2016/03/27 2016/04/05 2016/04/22 2016/12/25 2017/04/13
2016/03/27 2016/04/05 2016/04/22 2016/12/25 2017/04/13
2018/03/31 2018/07/04  
2018/03/31 2018/07/04  
(1999/10/18) Latest Update 2018/09/02 [555KB]
TOP

あなたは2001年2月25日から Counter 人目です。 Thank you ! (^^*) © 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
TOP !