[掲示板ガイドへ]投稿検索

 これでしょうか?  vol  2016年4月21日(木) 15:22
[修正]
きのう 友人と新潟県に日帰りで行ってきました。イソスミレが目的だったのですが 山にものぼってみてアワガタケスミレみたいなのを見たのですが これはそうでしょうか? ここで降りました^^

 新潟に行っておられましたか!  NYANです  2016年4月21日(木) 20:43 [修正]
はい、正解です。

でも、山に登ったら見つかるって代物でしょうか(笑)。
相変わらずの神出鬼没で、持ってますねぇ。

で、「ここで降りた」って、どういうこと??

   vol  2016年4月21日(木) 21:24 [修正]
わ〜い!ありがとうございます! m(__)m
これで安心しました。
降りた じゃ 変ですね(^^;
ネットでヒットしたところに行ってみたんです。低い山だったんですが 結構上り下りが激しいので アワガタケらしいのみつけたところで 頂上行かないで引き返しました。時間もなかったし。

 なぁるほど!  NYANです  2016年4月21日(木) 22:19 [修正]
NYANも粟ヶ岳には登っていません。
もっと、あちこちで見つかるとオモシロイですね。
後日、掲載されるであろう探検記を楽しみにしています。^^

 スミレの山道  MIKE  2016年4月21日(木) 4:54  Mail
[修正]
火曜日に奥多摩をブラついてきました。5年ぶりの奥多摩人気コースです。
スミレの山道と言われるだけあっていろんなスミレが交互に顔を見せます。
ここ数年、奥多摩の山を登ると必ず見つかるマキノスミレ。
時期さえ合えばメジャーとさえ思えるほどあちこちで見かけます。
5〜6年前のネット記事ではオクタマスミレとかミドリミツモリの不確かな噂もあるこのコースですが、残念ながら群生地がほとんどなく、不規則に様々なスミレを見かけるのみ。ただ、エイザンの20センチ横にヒナがあったりと可能性は0ではないようです。ただ今年はスミレの繁茂率はちょっとおとなしめかなー。
とにかくナガバノスミレサイシンの葉の合間からアケボノが顔を出したりとここは自由闊達、無法地帯。
中にタチツボの姿をした不思議なナガバノスミレサイシンが…。
コース終盤でやっとマキノスミレの繁茂地帯と続いてフモトスミレの繁茂地帯がありその距離60メートルは離れているでしょうか…。
スミレの当たり年だったらそんな距離も無きに等しいかも…。
と、まあ、いろんな夢を見させてくれるコースですか、ここを通るハイカーはとにかく山の踏破が目的。ワイワイ語り合いながらあっという間に姿が見えなくなるのでした。
写真はマキノ、オトメ、ベニバナ風エイザン、タチツボ風ナガバノスミレサイシンです。
君は何者かな?青色を見えるのは日陰のせい?


 追伸  MIKE  2016年4月21日(木) 13:47  Mail [修正]
おっと、オトメが唇弁に青筋が残りオトメになり切れていなかったようですね。失礼しました。

謎のナガバノスミレサイシンのストロボ撮影バージョンがあったので追投稿します。

このコースの面白さはスミレたちの無邪気な咲き方。
放射状の葉っぱの陰に隠れるように咲くナガバノスミレサイシン。

ナガバノスミレサイシンの葉っぱを押しのけて顔を出すアケボノ。

ついでにアカフタチツボもこっそり潜んでいました。

さて、頭をかしげたのが4枚目の写真。葉っぱだけなのですが、ヒナのようなマキノっぽい不思議な一株。さて、なんだろな…。

 おもしろそうな場所を開拓したのですなぁ^^  NYANです  2016年4月21日(木) 20:36 [修正]
奥多摩はMIKEさんと出掛けた場所と、もう一箇所しか出掛けたことがないのですが、おもしろそうなエリアだよね。

すみれには交雑種が見つかりやすいという特徴があります。
それを探す行脚は、とても楽しくて、かつ高尚なリクリエーションではないかと思っています。
数人でワイワイと探すと、更に楽しさが増そうというもの!(笑)。
時々、批判的に語る方もおられるのですが、まぁ、いろいろな考え方がありますから・・・。

さて、結論はナガバノアケボノスミレの公算が高そうですね。
以前に観察できた個体とも、高尾山の個体とも違う印象ですが、周辺のすみれたちの特徴から推察するものです。
いつも、この掲示板で書かせていただくのですが、結局、自生地で観察した者が最も妥当な判断者足りうるのが事実でしょう。

例えばマルバタチツボスミレは周辺に咲く両親の特徴との比較でないと、なかなか判別できない交雑種です。
それぞれのすみれたちに変異があるので、組み合わせとなると、相当の幅を覚悟しなければならない訳ですね。

最後の葉っぱですが、ヒナスミレではないようです。
敢えて言えば、シハイスミレの葉に似ていますね。
ここでも、マキノスミレとシハイスミレが、かなり違う姿で同居しているのでしょうか。
もし、その通りだとすれば、おもしろい連中です。

 やっと咲きました  てばまる  2016年4月18日(月) 1:20  HP
[修正]
こんばんはNYANさん
数年前に葉っぱだけ確認していた、フギレナガバノスミレサイシンがやっと咲きました。といってもたった1輪ですが・・・しかもちょっと虫食い? もあって完璧ではないですが、初めて見る花に感激しました。
側弁は有毛、距はスミレサイシンのようにぽってりしてます。
全体的には両親の特徴がうまく融合した感じですね。

 へぇ、別嬪さんですねぇ  NYANです  2016年4月18日(月) 22:15 [修正]
しばらく写真を見入って(魅入って)しまいました。
この葉っぱ、この花に似合いますね。
(ちょっと虫食い?もご愛嬌)

近縁種の交雑種は、まぁまぁ見かけますが、この組み合わせは少し縁遠いようで稀でしょうね。
それなのに、妙に自然な印象があり、確かに「融合」という言葉が似合いそうです。

 魅入ります  てばまる  2016年4月19日(火) 0:32  HP [修正]
こんばんは〜
他に2箇所知ってますが咲いていたのはこの1輪だけでした。異節間雑種はやはり花付きが悪いようですね。私が見つけたヒナとナガバノの交雑種も今年は咲きませんでした。

ブログに載せた花のアップと横顔追加します。
花弁は小さな虫が這いながら食べたような跡があります(^-^;)
ギザギザもそれほど顕著でなく遠目にはナガバノにしか見えないかもしれませんね。でも我々だと、オオオオオ!!と駆け寄ってしまいますね(^-^;)

 アライグマさん、ご意見有難う  タッチーです  2016年4月18日(月) 18:21  Mail
[修正]
アライグマさんへ
外来種ですが私の撮った場所ではこの株だけでした
見た目は花も大きくてとても綺麗ですよ
NYANさんの言われるように魅力的な感じもあるようですね

 ヽ(´ー`)ノ  アライグマ  2016年4月18日(月) 18:42  HP [修正]
タッチーさん今晩は
NYANさんお邪魔します。
確かに綺麗ですね。
で、綺麗で魅力的だからアチコチに植える人が居るんでしょうね。
綺麗なのは罪かもしれません(^◇^;)
こちら神奈川の公園はヒメリュウキンカを植えて周っている人が居るとしか思えない状況です。
これがまた繁殖力が強くて。
ある年、突然現れて・・・・植生がドンドン壊れていきます。
悪意が無ければ許される?と怒ってしまいます。
自然公園の山の天辺に関東には自生しないのは明らかなユキワリイチゲが咲いていたり。

 綺麗なのは罪かもしれません(^◇^;)  NYANです  2016年4月18日(月) 21:53 [修正]
アライグマさん、登場!

東京の路傍などでは、いっぱい見られますね。
園芸種として流通している訳ですから、都会では致し方ないところかなぁと思います。

さて、綺麗であることと、意図的に自然の中に混入させることは、別次元の話でしょうね。

たまたま、今日も見かけて、「こりゃあ、アカンわ!」と思ったことがあります。
今日歩いた自然公園の遊歩道にはソロリアがいっぱい咲いていました。
困ったなぁと思ったのですが、あのコたちが逃げ出した場所が明らかでした。
一番高い場所に、ソロリアを含む多くの園芸花卉が植えられた花壇が作られているのです。

つまり、自然公園の管理者自身が意図的に行っていることでした・・・。

NYANは、こういうナンセンスをたくさん見てきましたよ。
都道府県の環境保全組織が、絶滅危惧種を観光ネタにして、ネット上に自生地を書きまくっていた例。
やはり、同様の環境保全組織が研究発表と称して(超)絶滅危惧種の情報を誇らしげに具体的な報告書を発表した例。
イソスミレが危ない!と、出所不明の苗を海岸に植えた例。

掲載をやめてもらえませんか!と連絡して、「え、どうして??」みたいな対応だったり、著名な先生から「都道府県の指定では問題ないことになっています」、「絶滅の主な原因は河川などの土木工事にあるとの研究論文があります」という回答をいただいたり・・・。
都道府県の公務員に許可権限があるような内容じゃありませんし、主な原因か否かなどは全くの問題外で的外れです。
いい加減、疲れてしまいました。
啓蒙活動をすべき組織や先生方に、指導に値する「意識」自体がないのです。
一般の不特定多数に意識が育たないのは当然だなぁとガッカリしています。

ただ、自己の子孫を殖やそうとして生き残りの戦いをしているすみれたちに罪があるはずもありません。
見つけ次第、引っこ抜くという気持ちにはなれない自分がいますね。

(蛇足ですが)
スポーツ・フィッシングを目的に、水があるところにバスやらブルーギルやら、悪食魚を放流する輩もいる訳です。
ミドリガメも同様ですが、土着種と同居は難しい荒っぽい連中です。

 (∪_∪)  アライグマ  2016年4月18日(月) 22:49  HP [修正]
NYANさんの話を読んで思い出しましたね。

「花の百名山」の田中澄江さんがこの本を書かねば良かったと悔やんでいるような話を聞いたことがあります。
本当かどうかは判りませんが。
多数の人が本を片手に・・・・そして山が荒れ盗掘が・・・・

以前Niftyのフォーラム時代に話題になったことですけどコマクサが絶滅しかかっているのでと、ある高校がそのコマクサを栽培して増やしそれを現地に移植したことが美談としてニュースに取り上げられたこと。実は人間が手を出したことでウィルス等に感染して逆に絶滅の手助けをしてしまう可能性のほうが高いと。

そして、昔σ(-_-;)が仕事関係で聞いた噂レベルですが・・・・
バスやブルーギル、放流したのはスポーツ・フィッシングを流行らせるために某大手業者がやらせていた?釣具業界ではかなり有名な噂だったりして
個人で放流するレベルでない大量の魚の放流ですからね。
その大量の魚の入手先も不明だし
本当に噂だけなのかと考えてしまいますね。

危険な話しなので不味かったらこの発言抹殺してください。

 白いスミレは?  タッチーです  2016年4月16日(土) 18:24  Mail
[修正]
NYANさん、こんばんわ
また、いつものウオークコースで白いスミレを二種見つけました
一つは普通のマルバスミレかな? 大きい方は外来種だと思いますが
いきなり開花した感じでした 3番目の紫は近くの家で鉢植えに
咲いていたものです 葉が長めです

 身近なすみれたち  NYANです  2016年4月17日(日) 23:16 [修正]
いつものウオークコース・・・、とは言え、とても魅力的な花たちです。

マルバスミレですが、花も葉も個性的ではないでしょうか。
ちょっと、虫食いですが(笑)。
それから、ソロリアですが、外来種と軽く見られがちです。
でも、こんな綺麗な花は滅多に見られません。
可憐さでは、シレトコスミレを凌駕するのではないかと思うのです。
スミレも可愛い型ですね。

 真ん中の  アライグマ  2016年4月18日(月) 16:29  HP [修正]
外来の白い奴
ビィオラ・ソロリア・スノープリンセス
とか言う奴に似てますね。
外来種をそこらに撒く人が居て困ったものです。
それでなくても繁殖力強いのに。
(∪_∪)

 熊本で強い地震が発生しました  NYANです  2016年4月14日(木) 22:10
[修正]
TVニュースで画像を拝見する限り、少なくても東日本大震災の関東での揺れに匹敵するように見えました。
言葉になりませんが、とても心配しています。

 余震が・・・  てばまる  2016年4月15日(金) 1:28  HP [修正]
311を思い出すような緊急地震速報が報道中に何度も流れてあのときの日本がどうにかなってしまうのではないかという怖さを思い出しました。
未だに強い余震が半端なく続いているので、現地の人たちは怖い思いでしょうね・・・

 本当に余震が続きますね  NYANです  2016年4月15日(金) 22:27 [修正]
怖いでしょうね。
これだけ、余震が多いという状況は珍しいのではないかと思います。

不幸中の幸いは、あらゆる分野で対応が早くなっていることでしょうか。
あの惨事をきちんと記憶して、多くのことを学ぶことができたと理解したいところです。
原発に支障がなくて良かったです。
あの怪物には、誰も、その場で対処する術がありません。

 ケイリュウ・・・  てばまる  2016年4月14日(木) 1:14  HP
[修正]
こんばんは〜
先日は、御岳渓谷あたりをうろついてきました。ケイリュウタチツボスミレでもないかともう少し範囲を広げて調査したのですが、やはりそれらしいのはないですね。それでも、激流の岩場の隙間にタチツボが咲いていたりしてるのはビックリします。わざわざアリさんがこんなところまで種を運ぶのかとかなり不思議です。たまたま流れ着いたとしても発芽するのだろうか?とも疑問が生まれますね(^-^;)


タカオスミレとしても良さそうなヒカゲも沢山あったりとなかなか発見がありました。

 こんばんわ  NYANです  2016年4月14日(木) 22:07 [修正]
NYANも、橋の上から流れを見て、ケイリュウタチツボスミレ!!と連想したことがありました。
移動途中だったものですから、渓流まで降りてみることはできませんでした。
ケイリュウタチツボスミレは比較的広範囲で見ることができるようです。
すみれ好きの大学生さんが、卒論向けに調査して公表してくれないものかと期待しているのですが(笑)。

ケイリュウタチツボスミレのページに記載していますが、発芽に要する日数が短く、また発芽率が極めて高いようです。
つまり、鉄砲水に流される前に値を張ってしまう必要があるということでしょうね。

 変なスミレを見た  アライグマ  2016年4月10日(日) 20:39  HP
[修正]
今晩ニャ
今日テニスコートの近くの住宅街の土手で変なスミレを見ました。
σ(^_^)のブログ(上のHPマークから)に貼り付けておきましたので良かったらご覧ください。

   NYANです  2016年4月10日(日) 22:28 [修正]
ブログの方にコメントさせていただきました。

結論は、馴化して土着予定のツクシスミレでしょう。
けっこう、かわいいです。^^

 どーも  アライグマ  2016年4月10日(日) 22:57  HP [修正]
チェック有難うございました。
図鑑の永○芳○さんからも
「間違いなくツクシスミレです。」とコメントを頂きました。
繁殖しすぎないように観察を続けたいと思います。
(〜〜;)

 2000年の桜です  タッチーです  2016年4月9日(土) 18:20  Mail
[修正]
NYANさんこんにちわ
6日に南アルプス山麓の神代桜を見に行きました
素晴らしい生命力の桜ですね ついでにスミレを
探したのですが一種類だけ付近の路傍にありました
よく見るスミレだと思いますが・・・。

 ひゃあ〜、見事な桜ですね!  NYANです  2016年4月9日(土) 21:46 [修正]
エドヒガンの古木だとか。
樹齢は・・・、えー、2,000年ですか!
これは人知を超えていますね。

路傍のすみれはノジスミレに見えます。

 栽培棚から  minezakura  2016年4月7日(木) 10:50
[修正]
こんにちは NYANさん
雨ですね・・・晴れの昨日は茨城の県堺をハイキングしてきました。
稜線では小さなフモトとナガハシスミレが見られ、東斜面にカタクリが群生でした。
話題とは違って投稿品は栽培種からです。
フモト×ヒカゲ(自然交配種)ヒラツカ×ミヤマ(以前にも投稿/やはり花が先で花後に葉が出る)
ナギソスミレ(マキノ×スミレ/一番のお気に入りです)ヤエヤマ×ミヤマ(花はヤエヤマに似て小さい)

   minezakura  2016年4月7日(木) 11:14 [修正]
話だけじゃ・・・・考え直してハイキング途中のも投稿しま〜す
ナガハシスミレ・カタクリ・エイザンスミレ・フモトスミレ

 やはり、栽培の達人ですね  NYANです  2016年4月7日(木) 23:17 [修正]
性質が不安定であろう交雑種を見事に育てあげちゃうんですから。
展示会でも拝見したかったところです。

さて、ナガハシスミレが気になっています。
茨城と栃木の県境に咲くナガハシスミレを探しに出かけたことがありました。
余り豊富とは言えなかった情報ながら、想定をめぐらして出かけてみたのですが、見つけだすことはできませんでした。
土地勘がないですからねぇ。
又、機会があれば探しに出かけたいと思っています。

まぁ、うろうろと探すのが楽しいのですが、一方で時間および費用的には不経済です(笑)。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48
過去ログ全 1687件 [管理]
CGI-design