[掲示板ガイドへ]投稿検索

 シロバナマキノかと思ったら・・・  アッキーマッキー  2013年5月30日(木) 7:32  HP
[修正]
NYANさん、おはようございます♪
みれるかどうかわかりませんが、アイヌは今年予定しているタチツボ仲間の最後の2つうちの1つなので、わくわくしてます。

GW終わりの日に、近畿地方の山でシロバナマキノスミレと思っていたスミレ、なんとなく気になって昨朝拡大してみたら、ナント、毛が生えてました。この花、距も細く、葉っぱはほぼ直立してます。こんなミツモリってあるんでしょうか?

   アッキーマッキー  2013年5月30日(木) 7:45  HP [修正]
ちなみに、咲いているスミレは、マキノ、シハイ、フモトのほかには、オオバキスミレ、ニョイ、スミレサイシン、山陰型タチツボ、タチツボ、オオタチツボと関係なさそうなものばかりです。????

 あれれ?  NYANです  2013年5月30日(木) 21:19 [修正]
白い花を咲かせるミツモリスミレですか。
( ̄− ̄)フーン、こりゃ、おもしろすぎて困りましたね。

ところで、周辺にヒナスミレさんはいなかったでしょうか。

 残念ながら・・・  アッキーマッキー  2013年5月30日(木) 22:28  HP [修正]
そう、ヒナですね、何年もここに通ってますが、まだ見たことがないです、山の表でも裏でも。ネットでも山の名称とヒナスミレで検索しましたが、まともなヒットは皆無に近く、ヒナスミレと書かれた写真を見ると、シハイ・マキノスミレの間違いばかりです。
ということで、ヒナとの交雑もないです。

 日付が変わってしまいました  NYANです  2013年6月1日(土) 0:53 [修正]
そうですか。
少しヒナスミレっぽいところがなぁと思ったのですが・・・。

(-_-)ゞウーン、こりゃ、おもしろすぎて本当に困りましたね。
何にでも白い花が出てくる可能性はあるのでしょうが、こうしたケースもあるのですね。
白変種でないところが、また悩ましいです。

楽しませていただきました。
今年、まだ、期待しています。(´ー`)

 サクラとコミヤマ  てばまる  2013年5月19日(日) 14:51  HP
[修正]
NYANさん皆さんこんにちは。
近場のスミレも一段落で今日はのんびりしております。遠出すれば見れるでしょうが、そうそう資金もありませんし(^-^;) 北アルプスのクモマスミレと奥多摩のシロスミレは予定しています。

先日は奥多摩の尾根にサクラスミレを見てきました。相変わらず大きくて豪華です。コケスミレの何倍あるのだろう?(^-^;)
サクラの花柱を見たことがなかったので、ちょっと失礼して開いて撮影してみました。

そして昨日は高尾山で高尾のスミレのラストを飾るコミヤマスミレを見てきましたがちょっと遅かったようで綺麗なのはあまり残ってませんでした。コミヤマは薄暗いところがお好きなので三脚必須ですね。

 サクラスミレの花柱  NYANです  2013年5月19日(日) 19:22 [修正]
>> ちょっと失礼して開いて撮影してみました。

あは、確かにしっかり見るには、側弁をちょっと押し広げないといけませんね。
よく分かる写真です(笑)。

コミヤマスミレ、今年は見に行きませんでした。

ところで、NYANも書籍で情報を得て、高尾山の個体を最初に目にしました。
それで、極端に暗い場所に自生する種とインプットしていたのです。
ところが、四国や九州ではそれほど暗くない路傍にも咲いていました。
山道で見かけた時も、そこは南東斜面なので花期には半日程度は陽光が当たります。
水が流れる斜面であったことが共通点ですね。

高尾山の例を見て思い込んでいたものですから、かなり驚きました。
やはり、幾つかの自生地で観察しないと行けないなぁと反省した次第です。

最後に、クモマスミレはNYANも見に行きたいと思って、ここかぁ!と山を見上げてきましたよ。(´ー`)

 確かに暗い  てばまる  2013年5月20日(月) 21:28  HP [修正]
高尾山ではほんとに薄暗く湿ったところに咲いているのでここだけで見ているとそう思いがちになっても不思議ではないですね。僕もその一人です(^-^;) 

コミヤマスミレは屋久島まで分布しているとされていますから、もしかしたら湿ったところが好きなヤクシマスミレやヤエヤマスミレなど南西諸島に分布するこの系統のスミレとも関連性があるかもしれませんね。花もよく似てますし。


クモマスミレと、アイヌタチツボスミレもあるそうなので見つけてみたいです。

   NYANです  2013年5月21日(火) 23:27 [修正]
クモマスミレ、見に行けるのか、怪しくなってきました。
時間も経済的な問題もありますからねぇ。
なんとか頑張りたいところです。

 あれれ?  アッキーマッキー  2013年5月28日(火) 23:52  HP [修正]
てばまるさん、NYANさん、こんばんわ♪
さっき途中まで打ってたんですが、なぜか消えちゃいました。・・・
サクラさんは毛深すぎて、広げてやらないと花柱は確かに見れませんね。
高尾山のコミヤマ、今年のGWに初めて見に行きました。静岡の自生地2箇所に比べると、明るく感じましたが、四国や九州はもっと明るい場所にも咲いてるんですね。なるほど。
あれ、てばまるさんもあの山に登られるんですか?しゃ◯しからの落石がめっちゃ怖かったので、あの山は二度と登らないと決めてましたが、アイヌ見たさに今年は再び行こうと考えてます。1泊を考えてますが、日帰りもありですね。

 そこにクモがあるから(^-^)/  てばまる  2013年5月29日(水) 10:02  HP [修正]
NYANさん、アッキーマッキーさんこんにちは。

私も経済的に苦しいのですが今回は2泊でのんびり縦走予定です。15年も前に行ったときは1泊縦走でしたが、花は多いのに時間が足りずでしたので今回はガッツリ花散策ときめました(^^;)

アッキーマッキーさん
落石毎年あるようですね・・・ちょっと怖いですが、今回は下りに使うのでさっさと降りちゃえば大丈夫かなと油断しております(^^;) わたしもアイヌは楽しみですが見つかるかな? 縦走しなければ日帰りでも大丈夫でしょうか。でも登りはキツイですねあそこは。長いですし・・・。

 健脚のお二人へ  NYANです  2013年5月29日(水) 21:26 [修正]
NYANのツレが、昔、知らずに登山に誘われたそうです。
その際、「石を落とすな!」と散々叱られたとか!
落石の心配をするような山に登る体力が夫婦共に十分ではなさそうです。
それで、車やケーブルカーで楽に到着できる場所ばかり・・・。(´ー`)

それでも、この春は7時間歩きっぱなしが2回程あり、初級者コースならナントカなりそうですね。
今年は、青猫号がぬかるみにハマって抜けられなくなったり、熊にニアミスしたり、意外に冒険ばかりでした。
熊とニアミスは二度目ですが、実際に姿を見ていません(先方は見ていたでしょう)。

状況が許せば、クモマスミレを見に行こうと思います。
アイヌタチツボスミレは、どうやら、実家のそばに自生しているようですから、来年以降、見に行こうかと思います。
北海道では、まぁまぁ、観察できましたので、しばらくガマンできそうです(笑)。

コメントありがうございました。

 5/18のヒナスミレ  エコ  2013年5月19日(日) 19:35
[修正]
新潟県のヒナスミレです。
ミヤマスミレと仲良く咲いていました。
例のごとく怪しいのも一緒に。

 こんばんにゃん!  NYANです  2013年5月20日(月) 21:15 [修正]
いやぁ、端正な姿のヒナスミレ?ですね。
え、ヒナスミレなんですよね!

どの辺が怪しいんでしょ?
あはは、エコさんの投稿写真は、とてもキレイか、とても怪しいかどちらかです。

それはそれとして、写真の解像度がとても優れています。
あのカメラで撮影しているのですよね・・・。
なんという機種ですか(NYANも欲しい)。

 コケスミレ  vol  2013年5月18日(土) 20:57  HP
[修正]
小さな鉢に花盛り♪ ひとつの葉が7oぐらいですか? かわいいですね!!!
自生地で見てみたいですね。
行きたいけど 決心がつかないです。
屋久島で一番見たいすみれです。

 行ってみたいですねぇ  NYANです  2013年5月18日(土) 23:06 [修正]
昔、ニフティ仲間が、突然、屋久島に越してしまったことがありました(結婚して)。
「行けば、なんとかなるのであって、問題は決断するかどうか!」と言っていたことが印象に残っています。

私たちは引越しじゃなくて、旅に出て戻るんですから、もっと軽く考えないといけないのでしょうね。
でも、現実にお金も時間もそうそう自由じゃない・・・。
あー、でも、行ってみたいと思うのは自由だぞってことで、いかがでしょう。

 とても楽しみです。  ちしゃ猫  2013年5月15日(水) 1:25  HP
[修正]
エコさんフィールド(なれなれしく言葉にしてm(_ _)m)はとても目を見張るようなすみれさんと画像でしっかりと楽しませていただきました。
首が長いとか赤いとか見ていてもそのまま気にも止めずに見ただけで通り過ぎてしまうような(私がです^^;)事を書き留めて下さっているので、いつものことですがとてもありがたく思っています。

今度の信濃路もとても楽しみです。
スミレサイシンは個体数が多いとありました。
私はサイシン類はそう沢山見た訳ではないのでなんとも言えませんが、
先日狭山丘陵でみたナガバノスミレサイシンが兎に角狭い同じエリアなのに色の濃いのから薄いのまで様々。
それこそ勝手気ままに自分の好きな色で咲いていると言う感じでビックリしました。
今思い出して「なんでかな?」と。。。。
同じ色合いのものが近くにまとまって咲いているのならわかるのですが。。。

また分けの分からない事を取り留めもなく書いてしましましたm(_ _)m

 ご覧いただきまして、ありがとうございます ^^  NYANです  2013年5月15日(水) 22:17 [修正]
あはは、そんなに詳しく読んでいただくと、逆に困ってしまったりして!
徒然草は軽く流してお読み下さいませ。m(_ _)m

いきなり、北信濃まで飛びました(笑)。
昔、長野市から戸隠・鬼無里・白馬と二輪で走り抜けたことを思い出しました。

狭山丘陵というキィワードを何年か気にしていて、今年、足を運んでみました。
この辺から奥多摩エリアまで、もう少し歩いた方が良さそうだなぁと思っています。
ナガバノスミレサイシンが勝手気ままに自分の好きな色で咲いているのですね。
自由奔放な機運があるのでしょうか。(^▽^)

 こんにちは・・(^O^)  SEN  2013年5月8日(水) 18:11
[修正]

来年またフモトスミレに会いたいので峠のカーブの場所の確認というか
場所を覚えておこうと写真を撮りに行ってきましたぁ・・。
ついでに山頂までに出会った子達でーす。

 遅くなりました  NYANです  2013年5月13日(月) 17:58 [修正]
都合で4泊になってしまいました。

今年、NYANはフモトスミレに多く出逢いましたよ。
そして思ったことは、やはり麓ではなく、高めの山に自生しているなぁ!ということです。^^

おや、ちょっと派手なすみれさんが混じっていましたね。

 ヒトツバエゾスミレ  こまつな  2013年5月6日(月) 20:54
[修正]
私もぺったんこにぶら下がろう〜と思いましたが、、体重オーバーで^^;

初めてヒトツバエゾスミレを見て来ました。
葉の形が色々と変化しているのですね。
夏葉は更に変化するのかなぁ〜と興味が付きませんでした。
でも山はちょっとしんどかったです。

 不思議なすみれですよね  NYANです  2013年5月6日(月) 22:28 [修正]
多彩な葉っぱのバリエーションを楽しまれたことでしょう。
おもしろい山ですよね。
ただ、登山口まで行くのがたいへんで・・・。

そうそう、軽く見ていたのですが意外にしんどい山ですね。

   vol  2013年5月6日(月) 23:10  HP [修正]
わたしはおみやげなしでぶら下がります^_^;
同じ株でも葉の形が色々だったりで 不思議なすみれですよね。
いろんな登山ルートがあるようですので 違うところから上ったら違う種類のすみれがみられるんでしょうか。
帰ってしばらくすると しんどい部分は忘れてしまって 今度は別のルートで行ってみたいなあなんて(^_^;)

 ナルカミスミレっぽい  アッキーマッキー  2013年5月7日(火) 7:22  HP [修正]
こまつなさん、volさん、NYANさん、おはようございます♪
こまつなさん、また、こちらに出没だったですね。僕もGWに行ってきました!ニアミスが多いような。
確かに、この山、疲れました。何が疲れたかっていうと、帰りの登山道からの帰り道、逆方向に1時間ほど歩いちゃいました(><)。おまけに、下山後、さらに3時間ほどかけて別の山に出かけ、ミドリミツモリを見にでかけてました。

ヒトツバエゾスミレ、本当、葉っぱを撮影するだけですごいコレクションになりますね、結構楽しかったです。紫状紋のまったくない純白のナルカミスミレには逢えませんでしたが、紫状紋がうっすらあるものの、萼までは紫色の色素の抜けた株には出逢えました!

volさん、確かに登山道の違いで見れる花、同じ花でもバリエーションがありますね。

 ニアミス多し  NYANです  2013年5月7日(火) 21:51 [修正]
ネット上での知り合いは顔を知らないケース多いですからね。
まぁ、それでも、なんとなくニオイで、植物系とか、すみれフリークだな!と判るようなことってありますよ。
掲示板の他にメールでいただいている情報がありまして、皆さん、あちこちで遭遇しているのかも知れません。(=^_^=)

純白のナルカミスミレ、展示会では拝見しました。
ただ、この個体は系統間交配で作出された園芸品種だと思われましたが。
実際に、特定の場所に咲いているという伝説めいた話があります。
見つけてみたい気持ちがフツフツと湧いてきますね。

(PS)
今日のことです。
ありがたいことに、1994年4月にカッコウソウ保存会の方が純白の個体を見つけたという新聞記事を送っていただきました。
記事そのものは、ちょっと問題含みながら、見つかったことは事実です。
ディープに探せば、見つかるのかも知れませんね。

   アッキーマッキー  2013年5月8日(水) 5:28  HP [修正]
NYYANさん、実は帰りの登山道からの帰り道、方向を間違えて1時間ほど歩いちゃいました。かなりくたびれてきたら、ちょうど桐生市のカッコソウ保護担当の方が車で通り、方向が反対方向だと教えてくださって元の登山道よりも先まで送ってくださいましたよ。
まだどこかに純白のナルカミスミレがあることを夢見て来年も出かけてみようかな?

こまつなさん、すっかりジャックしちゃってごめんなさい。

 出掛けます  NYANです  2013年5月8日(水) 9:16 [修正]
純白のナルカミスミレ、山中で見つけたら、なんだか嬉しくなりそうですね。

意識しておきたいことは「それだけがナルカミスミレで、他はヒトツバエゾスミレだ」と言ってしまうことでしょうか。
白花品と書かれているようです。
シロバナツクシコスミレもオトメスミレも白花品のようですから、幅がある訳で、白変種だけと制限できるのか、それだけでは分かりません。
決めるのは、最初に名前をつけて発表した方の記述一つだというのがルールです。
後日、別の方が学術的に修正できる部分もあるのでしょうが、その範疇では無さそうですね。
白変種は、どんな植物でも発現する可能性がありますが、滅多に見られない「幻の株」だとすれば、それに学名を与えたかどうか・・・。
一方、シロバナタチツボスミレはかなり多く見かけますね。

ま、気持ちはなんとなく判りますよね・・・。(´ー`)


いつも投稿ありがとうございます。
数日になると思いますが、そろそろ出掛けます。

 ナルカミもどき  てばまる  2013年5月9日(木) 9:36  HP [修正]
こんにちは、こまつなさん、皆さん
 私も先月この山に行ってました。初めて行きましたが面白い山ですね。隣接山も面白い場所がありこのエリア一帯がスミレ好きには探索意欲がわくエリアでしょうね。
 ヒトツバエゾスミレも終盤でしたがいろんなタイプが見られてそのたびに足が止まりました(^^;) 紫条があるものの白い花は多かったですがナルカミじゃないのでしょうね・・・ 純白品、見てみたいものです。

 とある登山者からカッコウソウが咲いていた(4/27の時点)と聞きました。秘密の場所だそうで、たぶん一般道ではないのでしょう。そういうルートに純白のナルカミスミレもあるのでしょうね。
 NYANさんもおっしゃってますが、登山口までが遠くて大変です(^^;)

   こまつな  2013年5月11日(土) 0:09 [修正]
こんばんは、アッキーマッキーさん、VOLさん、てばまるさん、
NYANさんはお出かけでしょうか^^//
てばまるさんの画像をみて思わず自分のと見比べてしまいました^^;
みなさん、同じ個体を見たのかもしれないなぁ〜なんて。。
ナルカミもどき。。ナルカミであって欲しいなぁ〜という気持ちが共感を呼びます。
あの山は別な登山道もあったのですね。来年の為に下調べをしておかなくては。。

 あ、いいこと思いついた!  アッキーマッキー  2013年5月13日(月) 6:56  HP [修正]
NYANさん、お帰りなさい(たぶん)。
NYANさん、こまつなさん、volさん、てばまるさん、
僕は花弁が白色で萼が緑色なら、ナルカと言ってよいかと思いましたが、皆さんが描いているナルカのイメージ、違うかもしれません。
いいこと思いつきました!
皆さん、ここの山には大変興味ありそうだし、来年一緒に登りませんか?きっと面白いと思いますよ。

 昨夜遅く戻りました  NYANです  2013年5月13日(月) 17:55 [修正]
あー、ちょっと疲れました(歳かな)。

ネットを覗く環境に恵まれず、スマホも持っていないので掲示板を見ることができませんでした。

ナルカミスミレもどきの話は、随分前からあるのですが、決定的な情報はなくて、それぞれが描くナルカミスミレがあるようです。
絶対に純白じゃないと認めないという強い意見があることは承知しています。
でも、少し前に書いたことの繰り返しですが、そういう記述は見当たりません。
こんなこともあるのですね。

アッキーマッキーさんの「いいこと思いつきました!」提案は、各自で前向きに考えましょう。(´ー`)
ただ、辿り着くのがなかなか大変です。

   やまぼうし  2013年5月6日(月) 23:59  HP
[修正]
大型連休も終わってしまいました。
明日からまた、次の撮影計画を立てることを励みに日々精進の毎日です。
足跡を残したかったのですが、こちらではニョイスミレが咲き出しました。
これで近在のスミレは終わってしまいます。
また、次期にお邪魔します。
来年はお会いできることを期待しております。

 こんな感じでやっています  NYANです  2013年5月7日(火) 21:37 [修正]
またお越しいただき、ありがとうございます。

このサイトは、基本的には「花の写真館」なので、すみれ限定ではないのですが、なんとなく、そんな感じがしますね。(+_+)
NYANは、年中、「すみれの部屋」も含めて更新しています。

こんな感じですが、またお訪ね下さい。m(_ _)m

 これは、???  アッキーマッキー  2013年4月25日(木) 22:53  HP
[修正]
NYANさん、こんばんわ♪
フモトシハイの件、ありがとうございました。はなねこさんからのloveletter(?)で気づきました。
実は、この週末、とある場所にシロバナシハイを探しに出かけましたが、今年も見つからず。ここにはマキノがなく、シハイは咲いてると聞いてます。また、マキノの葉っぱは見たことがありません。
問題は、この葉っぱです。いったんはフモトかと思いましたが、この長い葉っぱが気になります。シハイとの交雑の可能性はどうでしょうか?

2枚目はシハイかな?と思って撮影したんですが、どうでしょうね?

 オチャメな質問をいただきました  NYANです  2013年4月28日(日) 21:58 [修正]
はなねこさんがloveletterを出すとコメントされていました。
届いたのですね。(=^_^=)

さてさて、こういう投稿はとても困りますよね(苦笑)。
現場で見た方が分からないのに、葉っぱの写真で判るものですか!あはは。

まぁ、直感的な意見でよろしいですぞ、という意味だと思います。

右はシハイスミレにしか見えません(注:千葉県のマキノスミレはこん感じですが・・・)。
問題は左なのでしょうが、葉の多くはシハイスミレ的ですよネ。
交雑の可能性は?という質問はこちらがお尋ねしたいぐらいです。
フモトシハイスミレなら、このような葉が出る可能性は高いでしょう。
ただ、果実が写り込んでいますよね。
これは稔性があるということなのではないのでしょうか。

これ、ポイントなのですが、稔性があるのかどうか、誰かご存じの方がいて下さるとありがたいです。

昨日、フモトスミレとシハイスミレ(マキノスミレっぽい)、ヒナスミレの混生地に足を踏み入れたのです。
なんだか、それぞれの姿もありながら、混血して入り混じったような個体も散見されて微妙な印象のままで戻りました。
地元の方の説明を総合すると、新潟のタチツボスミレ類のようにDNAの融合が起きているのかの如き結論になります。
ただ、これが起こるには交雑種に稔性がなければ理屈が合わないなぁと思いながら戻りました。

これを解き明かすような情報があると嬉しいですね。

全く未整理ながら、混生地の様子とナンダカ不思議な個体の写真を貼っておきます。

 葉っぱだけですみません  アッキーマッキー  2013年4月28日(日) 23:09  HP [修正]
NYANさん、こんばんわ♪
今日は、テニスOB会に参加し、顧問の先生の退官記念パーティーと、スミレに縁のない一日でした。
すみません、確かに現地で確認するのが一番ですが、あちこち探しまわって自分でなかなかフモトと言えるカウを見つけられず、いがりさんのフモトってどれだったんろう?と、現地でもけっきょくわからなくなってきました。
それで、フモトシハイを栽培してそうなNYANさんなら、稔性もご存知かと思ってつい投稿しちゃいました。
来年こそ、花の咲く時期に出かけて白黒はっきり決着をつけます!今日の所はご勘弁を汗)

 葉っぱだけでもいいんですよ (^▽^)  NYANです  2013年4月29日(月) 22:27 [修正]
いつも、おもしろいネタを送っていただきまして、ありがとうございます。
もちろん、葉っぱだけでも大歓迎です。
ま、NYANが途方に暮れるだけですが。(o⌒∇⌒o)

えーと、NYANの栽培については無視して下さいね。
取り敢えず、ちょこちょこイジっているだけで、春になると放ったらかしで飛び回ってしまう訳ですから。
2日間以上は外出しません!という強者さんとは異なるレベルです。

さて、稔性ですが、浜栄助氏は「原色日本のスミレ」のミツモリスミレの項で、「不稔であるが、時にいくらか結実する」としています。
不完全稔性ということでしょう。
フイリフモトスミレは基本的に同じものですから、同じ性質と考えるのが妥当かと思っているところです。
上州の混生地も「稔性がなければこんなことにはなるまい!」みたいな場所でした。

あの果実が成熟した時点の姿だとすれば、不完全稔性を示すすみれたちの様子に似ていますね。
いずれにしても、葉を見る限りは「それっぽい」だけで、あのような姿は見かける範疇ですから、決着にはパワーが足りませんね(笑)。
是非、決着を付けに、(無理せずに)お出かけ下さい。

ところで、いがりさんのフモトってなんでしたっけ?

 遅くなってごめんなさい汗)  アッキーマッキー  2013年5月7日(火) 7:10  HP [修正]
NYANさん、おはようございます♪
丁寧なコメント、ありがとうございました。
いつも途方に暮れさせてごめんなさい。
不稔性、もう少し勉強してみます。

ところで、いがりさんのフモトですが、あそこのエリアではフモトやシハイが見られるといがりさんが書かれていたのですが、葉っぱで見る限りは中間的な性質のものが多く、どれがフモトで、どれがシハイで、・・・という感じで悩んでました。そうそう来年こそ早めにでかけて決着をつけたいと思ってます。

 そうでしたか!  NYANです  2013年5月7日(火) 21:32 [修正]
NYANが連れていってもらった場所でも、マキノスミレっぽいシハイスミレ、フモトスミレ、ヒナスミレが渾然一体となっていました!
グラデーションのように色々なパターンがあるのですね。

ちょっと、変な話をしてしまいましたでしょうか。
でも、不稔性ではなくて、交雑種の(完全/不完全)稔性というように理解して下さい。
交雑種に種ができて子孫ができてしまう話でした。
この話は、いづれ!

 こんにちは・・(^O^)  SEN  2013年5月5日(日) 16:31
[修正]
小さなスクーターで六甲を登ってきましたぁ〜(笑)
他府県のナンバーが多かったですわ・・・><
普段は静かな山道もぶんぶん車が通る峠道にちょっと止めてカメラを取り出し撮ってきましたが・・・。
フモトスミレでしょうか?
初めて見た気がしますがここで特徴を読んで距が太く短いのと葉が丸く卵型で唇弁と側弁に紅紫条が入る・・とお写真を拝見してもそうかなぁと思ったのですが???
違うかなぁ?
すぐ後ろを車が通ってじっくり見れなかったから残念だったけど可愛かったですわぁ〜(^O^)

 六甲ですか  NYANです  2013年5月5日(日) 21:31 [修正]
見晴らしの良い行楽地ですから、ヒトがわんさと出たのでしょうね。

さて、いただきました写真ですが、まぁ、フモトスミレだと思います。

ご存知の通り、フモトスミレはややこしいです。
ちょうど、今日、そのややこしい型をチェックしていました。
時に、ヒメミヤマスミレに近い種があったり、交雑種があったりします。

ただ、いただいた写真を拝見する限り、分かりやすい型だと思いますよ。

 ありがとうございます  SEN  2013年5月5日(日) 22:06 [修正]

車と人と自転車とバイクと・・><
これでもかってくらいいてましたわ・・・(笑)
GWですからねぇ・・・。

忘れてましたぁ・・。
パソコンを新しくしたのでうっかり・・・。
先日、いつものミドリタチツボスミレ見てきました。
ちょっと判りにくいですけど・・。
Windows8・・嫌いですわ〜。

 newPC  NYANです  2013年5月5日(日) 22:32 [修正]
羨ましいです。
NYANはPCもカメラも新しくすることができず、Vistaですよ。
カメラはAFが作動しませんので使わず、いつもMFです。(´ー`)

お、立派なミドリタチツボスミレですね。
最近、この型はご無沙汰しています。

 追伸  NYANです  2013年5月6日(月) 22:29 [修正]
二輪も限界に達したようで、おそらく入院・手術です。o(ToT)o

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
過去ログ全 1544件 [管理]
CGI-design