[掲示板ガイドへ]投稿検索

 今年は 早い開花  さち  2013年3月31日(日) 22:39
[修正]
こんばんは〜NYANさん 桜の開花が早いので
シハイスミレの様子を見に行ったら 咲いていました。
いつもなら4月になってから行くのですが・・・
四枚目は距が三つもあるタチツボ??

 こんばんわ  NYANです  2013年3月31日(日) 23:22 [修正]
たくさん咲いていたようですね。
お届けありがとうございます。

距が3つですか!
これって、ニオイタチツボスミレだったりしますでしょうか?
不思議ですよね。

NYANも観察したことがあります。
トリケラトプス(三角竜)と名づけました。o(^▽^)o

 安易にぶら下がりです^^;  ちしゃ猫  2013年4月1日(月) 11:30  HP [修正]
さちさん こんにちは。
NYANさん 私は皆様の高尾山談義?情報で慌てて土曜日雨の
中行ってきました。
半ドンの仕事を終えて 我ながらこんなにお尻が軽かったかとビックリです^^; 行ったのは小下沢ですが。

エイザンスミレが白いのから色の濃いのまで様々 真っ盛りでした。
ナガバノさんは終わりかけていて綺麗なのを捜すのが大変でした。
タチツボスミレも雨に打たれてうなだれていましたがとても綺麗な色でした。やはりタチツボスミレ 好きです。
ネコノメさんはかろうじて残っていました。

 半ドン後に高尾山!!  NYANです  2013年4月1日(月) 22:14 [修正]
いいなぁ、そんなことは、とてもできませんね。
それより、雨でも出掛ける根性がスゴイです。(´ー`)

NYANも行きたい場所があったのですが、会議やらがあって、思うに任せませんでした。

(PS)
最近ですが、「半ドン」って意味がわからないという話を聞きました。
半ドンも欽ドン!も今や死語なんですか?え、本当に?

   アライグマ  2013年4月1日(月) 23:05 [修正]
>(PS)
最近ですが、「半ドン」って意味がわからないという話を聞きました。
半ドンも欽ドン!も今や死語なんですか?え、本当に?
えーーーーー
半ドンの意味も理解しない奴は日本人じゃねーーーーー
成敗してくれる。
そこに直れ打ち首じゃーーーーー
(゚◇゚)☆\バキ

 アライグマさん!!!  NYANです  2013年4月2日(火) 22:54 [修正]
またまた演技派クマさんが時代掛かっての登場ですねぇ。o(^▽^)o

お、そう言えば、大岡越前が面白かったと友人が連絡して来ました。
BS契約していないのを知ってるくせに・・・。
早く地上波でやらないかなぁ〜、と首を長くして待ってるNYANです。

 スミレの分類表  春ちゃん@和歌山  2013年3月31日(日) 23:50  HP
[修正]
NYANさん 今晩は

保育社の「原色植物図鑑」のスミレ属の分類表を元にしてWordでスミレの分類表を作ってみました。

こちらのHPの右の欄の青字の「スミレの分類」をクリックして、sumire.doc等をクリックしてください。

写真は、もとは写真に写っている斑入りの葉のものですが、斑無しでも繁殖している名前の判らないスミレです。ラン店でおまけに付いて来たものです。花はすぐ終わり、閉鎖花がいっぱい出来ます。出来ましたら同定をお願いします。

 斑入りだったのですか!  NYANです  2013年4月1日(月) 22:09 [修正]
ええと、写真1枚でピタリを当たるみたいな占い師ではありません(笑)。
見る限り、コスミレの白変種だと思われます。

名前の雰囲気が似ていますが、シロバナツクシコスミレではないですよ。
また、シロコスミレと略してはいけません。
その名前の別種があるからです。

意外に面倒くさいところがありますね。o(^▽^)o

 情報不足でごめんなさい  春ちゃん@和歌山  2013年4月2日(火) 10:43  HP [修正]
添付の写真に思わず同定の依頼をしてしまいました。
改めてお願いします。

今回の写真は、用土の大きさ5mm程度の本体を枯らしてしまった鉢に種子が飛び込んで咲いているものです。
葉の表面は短い毛で覆われていますが、ガクには無いようです。
庭では、花はすぐ終わり閉鎖花がいっぱい出来ますが、放置されている鉢のものは良く咲いてくれます ???

「スミレの分類」を見ても、用語が難解で・・・すね。


 追加の写真をいただきました  NYANです  2013年4月2日(火) 21:50 [修正]
占い師なんて書くもんだから、誤解を与えましたね。
もっと分かりやすくなりましたが、どちらにしてもコスミレの白変種だと思います。
補足すれば、市販品ですね。

すみれは基本的に雑草として歴史を重ねて来ました。
どうしても、できすぎた環境より、ちょっとシンドイなぁ程度の環境に馴染みがあるようです。
よく窮屈なところで大株になっていますね。

えー、「スミレの分類」を拝見しました。
インターネット上から、MicrosoftのOfficeデータをダウンロードするのは勇気が要ります。
これは力作で、完成までたいへんだったでしょうね。
少し誤植が見られるようですから校正してみて下さい。

こうして言葉で説明されると判かりやすいと感じる方と、ピンと来ないと感じる方に分かれるようです。
NYANは、写真の横に解説として掲載したいタイプですね。
そうしたら、小難しい言葉もすーっと頭に入りそうな気がしました。(=^_^=)

 コスミレの白変種で納得です。  春ちゃん@和歌山  2013年4月2日(火) 22:37  HP [修正]
スミレには余り興味が有りませんでしたが、、「スミレの分類」を作るうちに段々判る様になって来ました。

>NYANは、写真の横に解説として掲載したいタイプですね。
その写真を見つけ出すのが出来ないのではと・・・
この植物は何科の植物だろうと、大まかに決められる様になるのにはかなりの時間がかかりました。それでも図鑑としばしの格闘があります。その意味では写真は有力な手がかりになると思います。

「スミレの分類」を見て頂き有難うございます。まだまだ修正しなければならない箇所や誤植があります。本の「表」の部分だけでは判りにくい所を補足して行かなければと思って、今日も少し加筆・校正してUPし直しました。

>インターネット上から、MicrosoftのOfficeデータをダウンロードするのは勇気が要ります。
僕も、よほど信用できる人のしか、ダウンロードをしません。少々のお付き合いで判断しています。信用して頂き有難うございました。

色々ご助言有難うございました。

写真は、今日開花したカヤランです。

 NYAN  NYANです  2013年4月2日(火) 22:48 [修正]
>> この植物は何科の植物だろうと、大まかに決められる様になるのにはかなりの時間がかかりました。

そうですね。
NYANも時間の無駄になるかも!と思いながら、園芸種を含む植物全般のブログに取り組んだ数年がありました。
これって、無駄にはならなかったと思っています。

「スミレの分類」、いろいろ工夫してみて下さい。
最終的にwebサイトとして公開できたら、一般の方にもとても有用ではないでしょうか。

(幾つか補足)
文字数の制限がありますから、表現が重要ですよね。
例えば、三角形は3角形と書かない方がピンとくる、そんな部分もあると思います。
また、コマスミレが登場しています。
しかしながら、外国種を含めるなら、この分類では間に合いません。
老婆心ながら、ここは国内種という限定からスタートされた方がよろしいかと存じます。

では、また。

 ああ・・楽しい・・(^O^)  SEN  2013年3月31日(日) 18:35
[修正]

こんばんは。

買い物に家を出たら・・あらコンクリートの隙間から・・(笑)

 おやぁ?  NYANです  2013年3月31日(日) 22:05 [修正]
白い花はアリアケスミレでしょうか。
左の写真も?

   SEN  2013年3月31日(日) 22:43 [修正]

そうだと思いまーす。
一列に並んでました。

白・紫・白・白・白・紫・紫・・・・みたいな? (笑)

 そうですか!  NYANです  2013年3月31日(日) 23:17 [修正]
アリアケスミレ、庭では咲くのですが、山野では余り見かけません。
一方、時折、路傍で見かけます。(´ー`)

NYAN宅付近では、そんな存在です。

またまた、お届けありがとうございました。

 あぁ・・忙しい・・(^O^)  SEN  2013年3月30日(土) 0:18
[修正]

こんばんは。

タムシバが咲き乱れ・・春蘭が咲き・・ショウジョウバカマも・・。
バイクで駆け回ってきました。

 こんばんわ  NYANです  2013年3月30日(土) 23:39 [修正]
はい、お疲れ様でした。
相変わらず、元気で走り回られているようですね。
すみれたちとシュンランのお届けありがとうございます。

NYANは二輪がしばらく入院していましたが、今週復帰しました。
セルがエンジンを起動する際のギヤユニットが破損していました。
そんなこともあるのですね。

 ノジスミレ汚名返上委員会  本棒 浩明  2013年3月29日(金) 18:25  Mail
[修正]
 私はノジスミレを「だらしない」と思ったことはありませんが、世間一般に浸透している表現「だらしない」をどうにか出来ないものか。

 草木染めした薄い和紙を手の平で軽く揉み、指先でちぎってから張り合わせた細工物

なんてのはどうでしょうか?

 NYAN  NYANです  2013年3月29日(金) 22:23 [修正]
ノジスミレ汚名返上委員会さま、いらっしゃいませ。

なかなか雅な表現で、とても良いと思いますよ。

ところで、NYANは「だらしない」とは表現していませんが、いろいろな感じ方があって良いとも思います。
また、三つ子の魂百までと申しますが、一番最初にインプットされた表現が頭に残ることもあるのでしょう。
いがりまさしさんが日本のスミレで「花も葉もなんとなくびろびろして、だらしない感じがする」と表現しています。
これがインプットされた方は少なくないのでしょうね。

一方で、サクラスミレを「スミレの女王」、ヒナスミレを「スミレのプリンセス」の表現で浸透させたのも彼かも知れません。

いがりさんは、他の種と区別するポイントを如何に説明するかについて多面的な工夫をしています。
これは、ぱっと見た目で区別する術について説明したのだろうと、NYANは理解していますよ。(´ー`)

ご投稿ありがとうございました。
また、お越し下さい。

 マルバタチツボ  やえやますみれ  2013年3月29日(金) 9:26  HP
[修正]
おはようございます。
マルバタチツボスミレですか。私がざっと見る限りではNYANさんのおっしゃる通りだと思います。
・株が大きい
・花の形はタチツボ、でも何処となく丸め。
・色合いはニオイタチ
・根生葉がとてつもなく大きい

という点が気になります。ところで香りは確認されましたか?マルバタチツボにはたいてい香りがあります。香りが有ればタチツボスミレの可能性は除外できますが・・

 こんばんわ  NYANです  2013年3月29日(金) 22:11 [修正]
あはは、マルバタチツボスミレに見えますか。

さて、その芳香ですが、一応、連れと二人で確認したのですが、確認できませんでした。
もちろん、あっちもこっちもクンクンしてみた訳ではありません(笑)。

一つの推論ですが、この自生地では、新潟のタチツボスミレ類と同様に長期間の複雑な交雑歴があるのだと思います。
結果、50:50の交雑だけではなくて、25:75,12.5:87.5・・・・、という具合で、単純に一般論が通用するような気がしませんでした。

どちらの性質が、どの程度全面に出て来るか。微妙なんだと思うんですね。
まぁ、推論の域を出ません。
では。

 ハグロシハイスミレ  さな・花の庵  2013年3月29日(金) 6:10  HP
[修正]
おはようございます。

私のフィールド内では、一番遅くに咲き出すシハイスミレの種。
こんなに早く咲くのを見たのは初めてです。

掲示板に戴いたハマニオイタチツボスミレをスミレ図鑑に戴きました。
ご都合が悪ければ遠慮なくおっしゃってくださいませ。

私もスミレの追っかけを始めています。

 ハグロシハイスミレ、ありがとうございます  NYANです  2013年3月29日(金) 22:03 [修正]
アッキーさんのサイトで拝見していました。
見事な黒光りです!o(^▽^)o
いつか、観察に出掛けたいですねぇ。
その際は、是非、NYANもよろしくお願い致します。m(_ _)m

スミレ図鑑、なるほど、人数が一人増えていますね。
当方に何ら問題はありません。

NYANのサイトでも「半永久的に貸して下さい」というページがあります。
ハグロシハイスミレの情報も欲しいところですね。

 また同定のお願いです。  春ちゃん@和歌山  2013年3月28日(木) 18:19  HP
[修正]
ヤマツクシスミレとアリアケスミレの同定有難うございました。
残念ですけれど、ヤマツクシスミレは1鉢残して、庭のは全て抜きました。

写真のスミレは、花の大きさはヤマツクシスミレと同じくらいです。
葉の裏は、光の当り方が少ない所は紫です。
同定お願いします。

保育社の「原色植物図鑑」のスミレ属の分類表をWordに写そうとしています。

 こんばんわ  NYANです  2013年3月28日(木) 21:48 [修正]
連日の投稿、ありがとうございます。

いただきました写真はニョイスミレ(ツボスミレ)のようですね。
ヤマツクシスミレやアリアケスミレとは異なり、山地の湿った路傍などに群生するすみれです。
ヤマツクシスミレと同じぐらいの大きさの真っ黒い種子ができると思います。

アリアケスミレが増えるような庭だと別ですが、一般には育てやすくて、水分さえあれば一面に増えるタイプですよ。
庭に逃げ出したら、また抜かなくてはいけなくなりますね。^^

 有難うございました。  春ちゃん@和歌山  2013年3月29日(金) 1:03  HP [修正]
ニョイスミレでしたか。
以前、庭に作った湿地帯に鉢植えにしていましたが、もっと威勢良く繁茂していたので違う物と思い込んでしまいました。
もともとは、タチツボスミレが威張っていたのですが、僕も含めての合戦が始まりそうです。
こんなのは蹴散られそうです。
HPは、掲示板です。おいで下さい。

 広い庭ですね  NYANです  2013年3月29日(金) 21:56 [修正]
湿地帯も・・・。
NYAN宅には庭と呼べるものはなくて、隙間に棚を組んでいます。^^

あ、掲示板、拝見しました。
すみれの季節が終わったら、ゆっくりおじゃまします。

 はじめまして・・エイザンスミレの色  へむ  2013年3月28日(木) 17:26
[修正]
狭山丘陵で見つけたエイザンスミレ・・・
こんなに美しいエイザンスミレは初めてみました(^^)
狭山丘陵のエイザンスミレは赤味が強いみたい。
後ろは、神奈川県藤野町でみつけたもの・・・これが良く見る色合いのような気がします(^^)

 こちらこそ、初めまして  NYANです  2013年3月28日(木) 21:42 [修正]
狭山丘陵ですか。
先日も目にしたキィワードです。

ほんわかと紅色をした可愛らしいエイザンスミレですね。

各地を歩いてみますと濃い色合いの花など、多彩でおもしろいですよ。
よく出かける群馬県では、花びらが丸くて紅色の花がいつも迎えてくれます。
一方、山梨県ではほとんど紅色が見られず、かなり白っぽい花を観察しました。
高尾・陣馬エリアの神奈川県側でも可愛い紅色の花が見られます。

どちらにお住まいかによって、イメージって異なるのかも知れません。
NYANの場合ですが、最初に意識したコスミレがシロバナツクシコスミレでした。
それで、後日、図鑑にしっかり目を通すまでコスミレのイメージが白い花だったことがあります。(^▽^) あはは

丸の短い期間ですが、多くの個体をご覧いただければ、別の楽しみが生まれるかも知れませんね。
ご投稿、ありがとうございました。

 はじめまして  春ちゃん@和歌山  2013年3月27日(水) 20:08  HP
[修正]
NYANさん、はじめまして。
スミレの名前をお教え願いたくて花の庵さんの方からやってまいりました。

何処からやって来たのか不明で、庭の所々で発芽しています。
花の大きさは、エイザンスミレより少し小さめです。

 小さな花です  春ちゃん@和歌山  2013年3月27日(水) 20:12  HP [修正]
花の大きさは、エイザンスミレの半分もない様です。
葉は、毛むくじゃらです。

宜しくお願いします。

 いらっしゃいませ  NYANです  2013年3月27日(水) 21:12 [修正]
こんばんわ。
ようこそ、お越しいただきました。

和歌山にお住まいですか?
そろそろ歩いてみたいなぁ〜と思っているエリアです。
こんなことを何年も考えながら、なかなかタイミングが合いません。(´ー`)

さて、2種類のすみれたちの写真をお届けいただきました。
写真だけでは、はっきりしないこともあるので、分かる範囲でおこたえいたします。
すみれの部屋の該当ページで確認してみて下さい。

上の写真ですが、これはアリアケスミレだと思います。
花の色合いなどに少し変化があるのですが、葉も花も特徴的ですので、チェックしてみて下さい。

下の写真はヤマツクシスミレという和名を持つ外来種だと思います。
自生地はとても広範囲ですので、大きな種内変化があります。
つまり、同じ犬という種でもチワワとブルドックのようなバリエーションがあるようなものです。
それで、多くの国で多くの学者さんが研究発表したものですから、情報がぐちゃぐちゃになった種の一つですね。

いただきました写真は、NYANのお気に入りの型です(笑)。
もっと、あっさりした花を咲かせる型もあるのですよ。

また、お気軽にお越し下さい。

 すっきりしました  春ちゃん@和歌山  2013年3月28日(木) 0:47  HP [修正]
NYAN 様
早速ご回答戴き、有り難うございました。
名前が判ってすっきりしました。

スミレの分類について、どこに注目して良いのかが判っていません。
もう少し勉強しなければと思いました。

スミレの好きなNYANさん、皆さんには申し訳有りませんが、僕の庭では開花はほんの1時期で、あとは閉鎖花の種子でスミレだらけになってしまっていて、その「駆除」に手を焼いています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
過去ログ全 1544件 [管理]
CGI-design