[掲示板ガイドへ]投稿検索

 鳥取県のスミレと家にある謎のタチツボスミレ  Tackey  2017年4月17日(月) 0:26
[修正]
土曜日に鳥取県にいってきましたので、その際に撮ったスミレと他栽培中の中に不思議なスミレがありましたのでアップさせていただきます。
1枚目は自生地西限のイソスミレになります。自生地では数が少ないようですが、このように多くの花を咲かせている個体も何株かありました。
2枚目はタチツボスミレ(山陰型)となります。色の薄い個体もあり、一般的なタチツボスミレとは明らかに形態が異なっているのでこのタイプと判断しております。
3枚目なのですが、タチツボスミレだと思うのですが、葉の両面、茎に多くの繊毛が生えており、当初はアオイスミレかと思ってはいたのですが、種子がアオイスミレではないため、タチツボスミレとして判断しました。ここまで多毛のタチツボスミレがあるとは思えなかったのですが、よろしければご意見をいただきたいと思っております。

 こんにちわ、本日、千客万来!!  NYANです  2017年4月17日(月) 17:19 [修正]
こんにちわ!
早出で、早めに帰ってきましたら、本日は千客万来の様子で、びっくりしています。^^

イソスミレの西限は鳥取県だったのですか、へぇ〜(知らなんだ)。
しっかり咲いていますね。

さて、3枚目ですが、葉っぱを見る限り、確かにタチツボスミレに見えます。
多毛?
ダウンロードの上て、拡大して見ているのですが、毛が多いのでしょうか。
托葉の切れ込みが細長く、独特の見栄えがする感じは分かります。

所謂、ケタチツボミレのように葉や茎に白い微毛がびっしり生えているという訳ではなさそうです。
ちょっと不思議感がありますが、タチツボスミレの範疇でしょうね。

 春のスミレ  タッチーです  2017年4月16日(日) 18:25  Mail
[修正]
NYANさんへ
一年ぶりですね 春が来るとスミレの部屋への投稿が楽しみで毎日、せっせと行脚をしています 今年はまだ、機会が無くて山梨の方には出かけていませんがその分、自宅のウオークコースであちこち探しています いつもの
タチツボスミレですが今年は多く固まって出ているのが目に付きました
その中でも一寸、色変わりの濃淡のスミレを見てください
今年もよろしく・・・・・・.

 今年も、ぜひ、よろしくお願い致します  NYANです  2017年4月17日(月) 16:59 [修正]
山にいると、なんだか安心したり、楽しくなったりする!NAYNは、どうやら、その系統の人間でしょうね。^^
おそらくタッチーさんもご同様で、春の丘陵地などを歩くと嬉しくなってしまうのではないでしょうか。

タチツボスミレの群落ですか!
個体数が多いのですが、しっかり観察してみると、なかなか多彩で興味を惹かれます。
NYANのサイトでも、少し後に登場予定です。

(追伸)へぇ、3枚めは距がしっかり白いんですね。

 とても分かりやすいサイトですね!  ケレル  2017年4月14日(金) 21:51
[修正]
こんにちは、スミレの分類で検索していたらたどり着きました。
最近少しずつスミレに興味が湧いてきた初心者ですが、
とても分かりやすいサイトで感動してます♪

花や葉の特徴の分類項目がとても分かりやすいので、個人的に勉強のために作成している表でマネをしてもいいでしょうか?

私が住んでいるのは山梨県の八ケ岳。スミレの季節まではもう少しです♪

 リプライが遅くなりました  NYANです  2017年4月15日(土) 21:25 [修正]
こんばんわ、NYANです。
拙サイトにお越しいただきまして、ありがとうございます。

わかりやすいとの感想をいただき、嬉しく思っております。
このサイトは、自分がすみれの興味を持ち始めた頃、こんなサイトがあったら助かったことだろうなぁという記憶や思いを基にして作り続けています。
ただ、自生地情報はほとんど得られないという意味では、微妙なところかも知れませんね。

マネ・・・ですか。
NYANにしても、先人が集積した知見(いろいろな情報とでも言いますか)をベースにして作成しています。
それは悪いことであるはずがありません。
まぁ、全て完璧コピーというのは著作権を保護する法律に違反しますので、ご留意いただきますが、基本的には問題ないことでしょう。

なんでもマネ、といいますか、模倣から始めるのは当然です。
その上で、あれっ?なにか変だな・・・。
そんなポイントが気になり始めると、もうアナタはすみれフリークの道に入り込んでしまっているのです。えへ!^^

まぁ、誰にも多少こだわりたい部分があるのですから、ちょっとぐらい、オタクっぽくても問題ないと思って良いのでは。
いろいろトライしてみて下さい。
では。

 あっ・・・  アライグマ  2017年4月15日(土) 21:41 [修正]
そこに底なし沼が口を開いて待っている。
くらえぇ(-_-)/≡≡≡≡≡=卍ザク(/'□')/ハウウ!!

 脅かしちゃダメでしょ!!!  NYANです  2017年4月15日(土) 22:40 [修正]
まーた、始まりましたね。
アライグマさんに慣れた方ばかりじゃないんですから、オイタしちゃダメですよ。
困ったさんです。

 (^^;★\(-.-;)  アライグマ  2017年4月16日(日) 12:37 [修正]
ごめんちゃい。
お詫びに何故か鎌倉にあるツクシスミレの画像を。

 あらま!  NYANです  2017年4月17日(月) 16:46 [修正]
ほんとに、ツクシスミレですね(ヤマツクシスミレではないという意味)。
多くの花を咲かせている様子・・・。
おもしろいところで出くわす種のようです。(^^

 雨ばかり・・・  てばまる  2017年4月10日(月) 0:34  HP
[修正]
こんばんはNYANさん
週末の度に天気がぐずついてますね。それでもスミレはどんどん咲くのでこの週末も高尾の方へ出かけてきました。ヒナスミレはピークでした。タカオスミレもやっと咲き始めましたが、やはり少し遅れているようです。

 今日も雨ですねぇ  NYANです  2017年4月11日(火) 11:37 [修正]
よく咲いていますね!!
雨粒が見えているようですが、この状況で、まぁ、綺麗に撮れるものです。 ^^ ナンデ??

NYANも遅れている感を持っています。
まぁ、分かりやすい指標である桜(主にソメイヨシノ)がゆっくりですからね。
高尾に出掛けた時には、ついにタカオスミレの片鱗を見出すことができず、すみれ全体の個体数も少ない状態でした。
そろそろ楽しい時期なのに、やはり、今日も雨です。

NYANは平日に休みが来るケースが多いのですが、天気予報を信じて、昨日出掛けて正解でした。
高尾山と少し違う山の様子を、少し先になりますが、徐々につぶやきたいと思います。

 シハイスミレ  てばまる  2017年4月5日(水) 10:43  HP
[修正]
先日の日曜日は天気も回復したので丘陵地のシハイスミレを見てきました。
こちらもやや遅れ気味で1輪咲きの株が点々とあるだけでなかなかまとまって咲いてるのがなくてやっと見つけ出した株だけで何十枚も撮ってしまいました(^^;) ここには大群生地があるのですが、まだまだで今週末くらいから見ごろかな〜と思いますが、ほかにも行きたいので悩ましいです。

咲いてる花をいくつか観察してみると極わずかに側弁にがある個体がありました。

 シハイスミレ、きれいですよね  NYANです  2017年4月5日(水) 19:11 [修正]
今度はシハイスミレですね。
全ての花が絶妙のタイミングで撮影されるのを待っていたかのようじゃないですか。
これはいいなぁ〜。

てばまるさん情報に刺激されて(?)、お休みに高尾山に出掛けてみました。
そんなつもりはなかったのですが、意外に久しぶりだったようで、どこもかしこも様子が変わっていたのには驚きです。^^
出だしで遅れたため、ケーブルカーで時短をねらったのですが、外人観光客がとても増えていて驚きました。
そう言えば、案内板も日本語、英語、中国(簡体)語、ハングル文字で書かれていましたね。

あちこち工事中・・・。
植生を守るためにはみ出し歩きを止めましょうと立て札があるのに、あちこちで新しい道路を作って、崖を切り崩しているのが、なんだか疑問でした。

ところで、NYANも次の機会でシハイスミレを狙っておりますが、うまく運ぶかどうか。
目の保養をさえていただきました。
ありがとうございます。

 外人だらけ・・・  てばまる  2017年4月6日(木) 1:09  HP [修正]
こんばんはNYANさん
 もう一度満開のシハイに行きたいですが、時間の調整がどうなりますやら・・・

 高尾山は久しぶりでしたか! そうなんです外人、特にアジア系がやたらに増えていて五月蠅くてもう大変です。薬王院は観光客目当てでもはや何でもありですね。北島三郎の歌まで流れてますよ(^-^;)

 尾瀬もそうですが、工事なら伐採しても掘り返してもなんにもお咎め無しですから非常に矛盾してますよね。あれでかなり植生も壊れてしまうでしょう。まあ伐採でスミレが出てくる可能性もありますのでちょっと期待もあります。 

 スミレの季節始まりました  ピテカン&カッパ  2017年3月30日(木) 23:49  HP
[修正]
NYANさん こんばんは。
ご無沙汰しています。
待ち遠しかったスミレの季節がようやく始まりましたね。
先週末、群馬にスミレ探索に出かけてきました。
天候不順で、開花が遅れているかと思ったのですが、
意外にいろいろなスミレがもう咲いていました。
いきなりスワスミレに出会うことができました。2枚目は片親のヒカゲスミレ、3枚目はシロバナヒナスミレです。


 こんばんわ!!  NYANです  2017年3月31日(金) 21:19 [修正]
今年も早速のすみれ写真、ありがとうございます。

昨日、群馬の様子は「花とキノコの山日記」の方で先に拝見していました。^^
確かにイメージとは異なり、早い時期に多彩なすみれたちが咲いていたようですね。
咲き始めの「新鮮感」がとても清々しい印象を与えてくれます。

ブログの方で「エイザンはこのくらいの時が一番好きかな〜」とありましたが、確かに仰るとおりだと思います。
従前のことになりますが、榛名山周辺を随分と歩きまわったものです。
出掛けて、ハズレちゃったと感じた記憶がありません(笑)。

群馬と言えば、アメフさんのブログも拝見しているのですが、春の伊吹が伝わってきます。

春爛漫なれど、今日明日の雨がちょっと残念ですね。

 スミレシーズ  てばまる  2017年3月28日(火) 22:43  HP
[修正]
こんばんはNYANさん
ご無沙汰しております。いよいよ今年もスミレシーズン到来ですね。
冬の間は寒い渓流でヤマセミ撮影してましたが、ボチボチと春山に出てスミレ野草散策を始めました。やはり最初は高尾山界隈ですが、今年はやや遅めになっているようです。寒の戻りが長い影響のようです。
それでも、オカとかマルバとかも出てきたので高尾山のスミレシーズン到来という感じです。

ご挨拶代わりに3点ほど置いて行きますね。

 高尾らしい3種ですねぇ  NYANです  2017年3月30日(木) 10:41 [修正]
今年もいろいろ教えて下さい。

高尾山の早春を感じさせる3種ですね。
それにしても、イイカンジな個体ばかりです。
ポイントを良くご存じなのでしょう。
撮影も上手い・・・、ちょっと嫉妬しちゃうかも。^^

 熊野古道で見られたスミレとその他  Tackey  2017年3月20日(月) 23:33
[修正]
先日、和歌山の熊野古道を歩いた際に、ヒメミヤマスミレとみられるすみれが見られました。
フモトスミレと違い、草原地ではなく、杉林の下に咲いておりましたので、ヒメミヤマで間違いがないと思います。
3枚目ですが、自宅で栽培しているフイリフギレミヤマスミレになります。
つぼみもたくさん上がってきており、これからが楽しみな株です。

 こんにちわ  NYANです  2017年3月21日(火) 12:47 [修正]
本日、都合で休みにしていたのですが、残念ながらの小雨です。

今年も和歌山のヒメミヤマスミレということですが、これは、まぁ、フモトスミレでしょうか。
関東でも良く見られるタイプではないかと思います。

ヒメミヤマスミレがなかなか見分けられなくて、基準標本の採取地である横倉山と石槌山を訪ねたことがありました。
花では見分けられないとの知見が多いので、葉に焦点を置いて観察しようとしていました。
どちらかというと、トウカイスミレに近い印象の形状と、ペラペラの薄い葉質が特徴なのではないかと思っています。

フモトスミレについては、北限と言われる岩手から関東、四国、九州まで多彩な型を観察してみました。
時間を掛けて、なんとか判断できるかなぁと、やっと思えるようになったところです。
トウカイスミレは極めて分かりやすいのですが、ヒメミヤマスミレについては、典型品の特徴がはっきり出ていないと、不安になることがありますね(笑)。

関東はやっとシーズンインというところです。
これからが、乞うご期待、ワクワクですね。

   Tackey  2017年3月22日(水) 18:46 [修正]
これもフモトスミレになるのですね。
地域変異が多いのでしょうか、フモトスミレは場所によって毎回形態が変わるので、典型的なものがどれか分からなくなります

 面倒くさいすみれさん  NYANです  2017年3月22日(水) 21:20 [修正]
そうですね。
前回の葉っぱは小さいこともあり、通行人さんのご意見がなければ、見逃したところです。
添付させていただきました2枚は、どちらも、ある意味で典型的なフモトスミレです。
でも、全く違う印象ではないでしょうか。
この辺が辛いんですよね。

   通行人  2017年3月23日(木) 20:52 [修正]
こんにちは
ヒメミヤマ(狭義・トウカイスミレを含まない)は、花後の花柄が長く伸びることがあります。また、比較的標高の低いところに集中しているようです。フモトスミレでも、一円玉サイズの小型なものからシハイスミレサイズのものまで大小様々です。ヒメミヤマスミレを、(例えば低標高に適応した、海にやや近いところに適応した)多様なフモトスミレの1つの集団と解釈することもできそうですが、いがりさんの本にある雑種の存在が悩ましいです。地域によって分化の程度や適応の理由が異なるのではないでしょうか。杉植林下でもフモトスミレは生えています。山頂の開けたところ、栗園、草原など様々な場所に出現しえます。ただ、熊野で撮影されたとのことなので、海が近く標高はそこまで高くはないという点は考慮すべきだと思います。また、個人的意見になりますが、トウカイスミレはフモトスミレ群から切り離して考えても差し支えないと思われます。形態が全く異なります。

 裏高尾巡礼  MIKE  2017年3月20日(月) 1:43  Mail
[修正]
1週間前、毎年恒例裏高尾に行ってまいりました。朝夕の冷え込みに今年の季節の進み具合ははどんなものかなと心配しましたがレギュラー陣は普通に咲いておりました。
そして今日アパート前にタチツボちゃんが開花。
いよいよ春本番です。

 最近は先を越されてばかり  NYANです  2017年3月20日(月) 23:48 [修正]
裏高尾はしっかり咲き出しているらしいですね。
いつも思うのですが、どうして咲き出すが早いのか・・・?
千葉や神奈川より北に位置していますよね。

う〜む、シャープな良い写真が撮れている。
撮影でも負けちゃったかな。

 アオイスミレが咲きました  はなねこ  2017年2月24日(金) 18:31  HP
[修正]
NYANさん ご無沙汰しています。
今年 お初のアオイスミレに出会いました。一昨日です。
毎年、一番早くに咲きだす場所なのですが、例年と比べ 咲き進んでいて驚きました。
 
いよいよシーズンがはじまりますね。

 早いですねぇ  NYANです  2017年2月25日(土) 23:32 [修正]
いよいよ・・・ですか。
それにしても、かわいらしく、かつ、しっかりと咲いていますね。
この冬は寒いという印象ですが、開花が早いとは、予想外な展開です。
気温だけではなく、多くの要素が絡むのでしょうね。

ところで、(話は変わりますが)ちょっと不思議な感じです。
実は数日前、ヒノクマスミレのページを見直していて、はなねこさんのサイトを再訪問させていただいたばかりでした。
今年も、いろいろ教えて下さい。^^

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
過去ログ全 1544件 [管理]
CGI-design