[掲示板ガイドへ]投稿検索

 西表のすみれさん達に会って来ました。  こまつな  2012年2月12日(日) 21:22
[修正]
ヤエヤマスミレの所へ行く時はいつも雨なんですけど〜。
濡れた大きな岩の上に乗っかって可憐な姿でした。

 こんばんわ  NYANです  2012年2月12日(日) 23:02 [修正]
こまつなさん宅に訪問させていただき、戻ったら、書き込みが・・・。
NYANの投稿の方が7分早い、勝った・・・。(T_T)○------(^o^)○ おバカね

ヤエヤマスミレ、ありがとうございます。
一説によると、滝の下とか、飛沫(しぶき)が飛び交うような冷涼な場所を選ぶのだとか。
きっと、雨は大好きなのでしょう。

 観察会がありました。  こまつな  2012年1月30日(月) 23:44
[修正]
リュウキュウコスミレは今が旬ですね〜。
所構わず咲いています^^。でも他のすみれさん達は開花が遅れがちの様でした。
展示会は当初の予定より1週間おくれて3月の3.4日になりました。
寒いというよりお天気が悪い日が多かったので、日照不足の様です。

雪が多いと高尾のすみれさん達や高山のすみれさん達の開花も遅くなるんでしょうかね〜。
気になる所です。

 了解です (^^*)   NYANです  2012年1月31日(火) 19:20 [修正]
展示会情報を修正しました。
ご面倒を掛けました。

観察会の様子を拝見しました。
仲間内でピクニック気分、そんな雰囲気が良いですね。

高尾近辺と千葉北西部はかなり気候が違うかも知れません。
今冬の高尾はどんな感じなのでしょうか。
まぁ、寒い冬を超えた春は花がよく咲くとおっしゃる方もいます。
期待してみましょうか。

 1月18日ムサシノスミレ  vol  2012年1月21日(土) 0:03  HP
[修正]
釣鐘になってますね〜。
蜜があるんでしょうか。下に落ちないかな^^;
どうして距がいらなくなっちゃたんでしょうね。
虫は無視?

 そしたら多距は・・・  ちしゃ猫  2012年1月21日(土) 0:56  HP [修正]
多距は虫さんを沢山呼び込みたい?

は置いといて^^: ムサシノスミレ初めて知りました。
そこで思ったことが、
以前コモロスミレには距が無いと言うか極端に小さい?だったかこちらで教えて頂いた様な(記憶が曖昧で申し訳ございません。)
それと良く似たようなものなのかな??等と思ったり・・・
(理由はわかりませんが^^;)
すいません。なんか・・支離滅裂になってしまいました。
本当に、なぜて距がいらなくなっちゃったのか私も知りたいです。
閉鎖花で自家受粉するから「私、距はいらないわ」とでも思ったのでしょうか・・・

 いやぁ、寒いです (+_+)  NYANです  2012年1月21日(土) 18:45 [修正]
volさん、ちしゃ猫さん、こんばんわ。

今日は野焼きに出かけようと思っていたのですが、昨日から雨と雪!
結構距離がありますので、つい、ビビってしまいました。(´△`)

ムサシノスミレ、困ったちゃんですなぁ。
距は唇弁が後方に伸びている訳ですが、その唇弁がないのかな、多距型は唇弁ばかりなのかな、と考えていました。
ところが、小さいけれども距があることが分かって、少なくてもムサシノスミレについては仮説が崩れてしまった訳です。

で、今考えているのは、虫さんを無視!ではなくて、虫さんに優しいのではないかと。(^^*)

蜜は粘性があるので、そう簡単にはこぼれ落ちないと勝手に解釈しています。
距が長いナガハシスミレとかアワガタケスミレは、吸蜜できるポリネーターを選んでいるとする説が多いですよね。
つまり、蜜を吸うにはめんどうくさい!
一般のすみれだって、決して楽ではないと思います。

そう考えると、ムサシノスミレは心優しいすみれさんではないでしょうかぁ、あははは!

[おまけ]
すると、コマキノスミレはとっても意地が悪い、困った性格ということになるのでしょうか。

 サツマスミレ  ちしゃ猫  2012年1月14日(土) 13:57  HP
[修正]
とても興味深く読ませていただきました。

ツクシスミレの花色とニョイスミレの花色から
あの愛らしい淡い紅色が出来るのですね。
交雑というのは本当に面白い結果を出すものなのですね。
毛深い事も理解できました^^;
以前私も会の方の苗で栽培していたのですが
あのフワフワ?のベットの様な毛がアブラムシの大のお気に入りで。。。
自然消滅?からは育てていません。
でも花は本当に愛らしかったです。

 へぇ、育てていたのですね  NYANです  2012年1月15日(日) 22:56 [修正]
アブラムシ・・・、なるほど。
そういった具体的な悩みは育てた方にしか分かりませんね。

NYANの場合、そういった情報が知りたくて育てているようなものです。
風が通り抜けない住宅街の環境は栽培には適さないと痛感しています。

 笑門福来  minezakura  2012年1月7日(土) 7:46
[修正]
明けましておめでとうございます <m(__)m>
皆さんの投稿文を読んでいたら、投稿した気になっちゃって(汗
本年もよろしくお願いします。
今年の(昨年12月から)冬は厳しくて寒い日が続いています。例年、この時期満開のリュウキュウコスミレやツクシスミレが蕾も見せません。
ジマジリだけは元気で・・・やはりエゾノタチツボスミレの仲間なんでしょうかね??

 おめでとうございます  NYANです  2012年1月9日(月) 12:58 [修正]
すみません、リプライが2日遅れになってしまいました。
一昨日、昨日は出かけていたもので失礼しました。

これはシマジリスミレなのですか?
元気いっぱいで、茎も浮き上がっている感じですね。

本年もいろいろ教えて下さい。

 見た目オキナワスミレ  minezakura  2012年1月9日(月) 21:26 [修正]
>これはシマジリスミレなのですか?
そうなんです…購入した時はオキナワスミレでした(笑い)
柱頭に粒ができ巨は割れるし…シマジリの特徴がバッチリ
ガックリきて3年も植え替えていません。長生きしているシマジリは茎が木質になるとか(確認の意味も込めて)
培養土は5mm以上の軽石だけです。茎は高さ4cmの太さ約4mmになりました。

 あはは  NYANです  2012年1月9日(月) 21:51 [修正]
購入した時は・・・ですか。

長生きするのですね。
ふーん、自生地でも、確かにそんな感じがしました。(^^*)

 明けましておめでとうございます。  こまつな  2012年1月3日(火) 11:48
[修正]
表紙のタチスミレ 素敵ですね。
私は一度だけですが、もう一度見たいです。

北部の山でタチツボスミレが咲きだしていました。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 これ、タチツボスミレ・・・ですか?  NYANです  2012年1月4日(水) 21:55 [修正]
まだ、沖縄でタチツボスミレを見たことがありません(笑)。
実は、そんな馬鹿な!という思いで一生懸命探したのですが、見つかりませんでした。

ところで、これって、タチツボスミレなんですか?
すみれのblogも拝見しましたが、怪しい・・・。(o⌒∇⌒o)

冗談ですが、青森県辺りで見たら、テリハタチツボスミレかと思いそうです。
(注:テリハタチツボスミレ新潟産と青森産はかなり違うイメージです)

今年も本当によろしくお願いいたします。

 明けましておめでとうございます。2  potoru  2012年1月4日(水) 22:18  HP [修正]
こんばんは。
皆さん素敵な年賀状ですね〜
センスは負けるので今日撮った鮮度100%のコスミレの年賀状を・・・^^;

今年も楽しませて(勉強させて)いただきます。
よろしくお願いいたします。

こまつなさん

明けましておめでとうございます。
タチツボスミレ、みずみずしくて綺麗ですね〜
これからシーズン本番ですか?いいですね。^^

 お嬢ちゃんには全く敵いません  NYANです  2012年1月4日(水) 22:29 [修正]
お嬢ちゃんの絵、無敵ですね。(´ー`)

ところで、相変わらず、この時期にもコスミレが優雅に咲くんですね。
からっ風が吹き抜けるだけの関東とは違うのかなぁ。。。

今年も、いろいろ教えて下さいませ。m(_ _)m

   こまつな  2012年1月5日(木) 0:00 [修正]
NYANさん、怪しい・・・と言われてなんだか嬉し〜くなります。
艶のある小さな葉は海岸でも山の中でも、
家のベランダで勝手に出てくるのも全部同じです。
何か、名前がついてくれないかなぁ〜と期待しているのですが^^;

potoruさん、明けましておめでとうございます。
鹿児島ももうすぐですよね〜。
今年もすみれさんの投稿を楽しみにしています^^//。

 明けましておめでとうございます。2  ちしゃ猫  2012年1月5日(木) 1:35  HP [修正]
NYANさん 皆様こんばんは♪

表紙のタチスミレ、ホント!とても素敵です。
見たとたん「ワァ! この透明感はなぁに???」と思ったものです^^;

私は信州山梨以南は行った事がないのでいつかは行ってみたいです。
(NYANさんが歩き足りないなんて信じられないです@@)

私は去年のすみれさんで^^;

 こまつなさん  NYANです  2012年1月5日(木) 21:35 [修正]
ひゃあ、怪しい・・・と言われてなんだか嬉し〜くなるものですか?!

>> 〜昔から知っている方はツヤスミレとか呼んでいました。

へぇ、そうなんですか。
海岸は分かりますが、山の中でも同じとは、やはり、探し出したかったなぁ。(-_-)ゞ゛

確かに、ツヤスミレは本州の西日本、四国、九州、沖縄や八丈島に分布するとされているようです。
でも、その写真を拝見する限り、こまつなさんのblogの写真と比較すれば、まるで違う葉をしていますよね。
葉の様子の違いだけで区別しているようなものですから、これは重大なポイントです。
むしろ、沖縄のタチツボスミレは、沖縄の皆さんも観察されてきたアワガタケスミレに似ていると感じませんか。
小さくて厚め丸めで平坦かつ光沢があるという特徴を並べると、よく似ています。

(一番左側の写真をご覧下さい)
NYANがツヤスミレかな?と思った個体の葉はタチツボスミレの特徴そのものでした。
先が尖ったハート型で、基部がくるっと巻いているような立体感があり、決して平坦ではありません。
展示会で拝見したものも、皆、同様でした。
さて、3枚並んでいるのは、青森産のテリハタチツボスミレです。
こまつなさん宅のすみれのblogに登場しているタチツボスミレたちと、葉も花もなにか似ていませんか。

まとめると、こんな感じでしょうか。
1)沖縄にはツヤスミレが自生しているとする資料が多い
2)主に葉の違いでツヤスミレは品種として区分されている
3)しかるに、沖縄の個体は、一般にツヤスミレと言われている個体と葉の様子が大きく異なる
4)葉の様子だけなら、アワガタケスミレやテリハタチツボスミレに近い印象がある

では、沖縄のタチツボスミレは一体何者なのでしょうか。
現状、ツヤスミレの一型と述べていれば安心なのでしょうが、それで納得するには少し抵抗がありそうですよね。
皆さんには見慣れたタチツボスミレなのでしょうが、NYANにとって、新年早々、新しい驚きでした。
こういった情報は大歓迎です!!(⌒▽⌒)

 ちしゃ猫さん  NYANです  2012年1月5日(木) 21:46 [修正]
賀詞をいただきまして、ありがとうございます。

あは、タチスミレの評判はなかなか良いようです。
ちしゃ猫さんが訪ねられている自生地から、少し離れた場所で、個体数は余り多くなさそうでした。
友人と出かけたので、なんとかタチスミレを見せたいと足を伸ばして正解でした。
良い雰囲気に撮れて、昨年のピカ一というところでしょうか。

山梨以南・・・?
でも、山梨って東京の隣、八王子を超えたら山梨ですよ。

ぜひぜひ、いつか四国や九州にも出掛けてみて下さい。
種類も個体数も、まるで違います。
青森や北海道も楽しいですよ。

せっかく日本というすみれの天国みたいなところに住んでるのですから、少しずつ足を伸ばしてみられては!
あ、もちろん、こまつなさんたちがお住まいの沖縄もGOODです。
もう、シーズンに突入していますよ。(^^*)

   こまつな  2012年1月5日(木) 22:43 [修正]
確かに葉を見るとツヤスミレというよりアワガタケスミレや、右側3枚のテリハタチツボスミレに似ていますね〜。
NYANさんのご感想をこんな風に具体的にして頂きますと
私のほうもだんだん頭が整理されて行く感じがしています。
タチツボスミレはほんとに奥が深いですね。
せめて地元のタイプの事を私ももっと知らなければと改めて感じました。
又観察に行く楽しみが増して来ます。有難うございました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44
過去ログ全 1544件 [管理]
CGI-design