岡山のすみれ各地のすみれ

 参考にさせていただいた「岡山懸植物目録」のおかげで、とてもおもしろい経験をさせていただきました。この資料ですが、「古いので」との説明で手渡されたのはマイクロフィルムだったのです。想定外のことに驚きながら、どちらかというとワクワクしながら、マイクロ資料閲覧室に出向き、キョロキョロと周囲の様子を見渡して真似をしてみるのです。投影機で見るのですね(なぁるほど)。でも、第一歩のスイッチの位置が分かりません。係の方に教えてもらいながら、なんとか閲覧に成功して、必要なページをコピーしました。
 さて、その資料ですが、なんと手書きだったです。20部限定の非売品だと補足説明がありましたが、その経緯が記載されていました。
 『昭和十年八月牧野冨太郎先生我ガ岡山懸ニ親シク採集ヲ指導セラル。之ヲ記念センガタメニ、尚又先生ニ答ヘ奉ランガタメニ急ギ稿ヲ作リテ假ニ此の小冊子ヲ為シタリ。本冊子ハ二十部ヲ限定シテ急ニ発行ス。』だそうです。
 内容ですが、一部を割愛したことを補足しておきます。一部とは、先ず「ハヒスミレ」です。学名を見ると "Viola diffusa Ging" とあるからにはツクシスミレということになります。また、ナンザンスミレも記載されていました。やはり学名を見ると "Viola dissecta Ledeb. v. chaerophylloides Makino" とありますが、これは確かにナンザンスミレのシノニムです。でも、岡山県にツクシスミレとナンザンスミレが自生するのでしょうか。しばらくペンディングです。他に交雑種が2種、マルバタチツボスミレとヒメキクバスミレが記載されていました。
(2009/09/20)
 信用できる個人の情報を追加させていただきました。参考資料(A)では不十分であることがわかります。別の資料を物色したいところです。
(2011/01/04)
 インターネット上で『岡山県野生生物目録2009』をダウンロードできました。この記載情報で更新をしますと、上記で利用していた個人の情報が極めて正しいことが分かったのです。新たに追加した項目はヒカゲスミレ、エゾノタチツボスミレ、ヒメアギスミレのみです。
(2013/06/18)

# 品種または変種 自生確認 参考資料 補足
1) アカネスミレ     (A) (B)  
2)   オカスミレ        
3) アケボノスミレ     (A) (B)  
4)   シロバナアケボノスミレ        
5) アリアケスミレ       (B)  
6) エイザンスミレ     (A) (B) (A:エゾスミレと記載)
7) ゲンジスミレ       (B)  
8) コスミレ     (A) (B)  
9)   シロバナツクシコスミレ        
10) サクラスミレ       (B)  
11)   チシオスミレ        
12) シハイスミレ     (A) (B)  
13)   コンピラスミレ        
14)   シロバナシハイスミレ        
15)   ハグロシハイスミレ        
16)   フイリシハイスミレ        
17) シロスミレ ホソバシロスミレ     (B)  
18) スミレ     (A) (B)  
19)   スミレ(白変種)   (A)   (シロバナスミレと記載)
20)   ホコバスミレ        
21) スミレサイシン     (A) (B)  
22)   シロバナスミレサイシン        
23)   サンインスミレサイシン        
24) ナガバノスミレサイシン     (A)    
25) ナンザンスミレ ヒゴスミレ     (B)  
26) ノジスミレ     (A) (B)  
27) ヒカゲスミレ       (B)  
28) ヒメスミレ     (A) (B)  
29) フジスミレ ヒナスミレ     (B)  
30)   フイリヒナスミレ        
31) フモトスミレ       (B)  
32) マルバスミレ     (A) (B) (ケマルバスミレと記載)
# 品種または変種 自生確認 参考資料 補足
33) アオイスミレ     (A) (B) (アフヒスミレと記載)
34) イブキスミレ     (A) (B)  
35) エゾノタチツボスミレ       (B) 準絶滅危惧
36) オオタチツボスミレ     (A) (B)  
37)   シロバナオオタチツボスミレ        
38) オオバキスミレ     (A)   (オホバキスミレと記載)ダイセンキスミレか?
39)   ダイセンキスミレ     (B)  
40) タチツボスミレ   (A) (B)  
41)   オトメスミレ        
42)   ケイリュウタチツボスミレ     (B)  
43)   コタチツボスミレ     (B)  
44)   シロバナタチツボスミレ        
45) ツルタチツボスミレ       (B) レッドデータブック
46) ナガバノタチツボスミレ     (A) (B) (ナガバタチツボスミレと記載)
47)   シロバナナガバノタチツボスミレ        
48) ニオイタチツボスミレ     (A) (B)   
49) ニョイスミレ     (A) (B) (ツボスミレと記載)
50)   アギスミレ   (A)    
51)   ハイツボスミレ   (A)    
52)   ヒメアギスミレ     (B)  
53)   ムラサキコマノツメ        

記号 参考資料 著者、編者 発行/出版 発行
(A) 岡山懸植物目録 佐藤清明 ムルス学会 1935年9月20日
(B) 岡山県野生生物目録2009 岡山県野生動植物調査検討会 岡山県 2009年3月

気温グラフ 降水量グラフ
【参考:気象統計情報】 岡山市の例 (総務省統計局資料を利用)

(2009/09/20) Latest Update 2015/09/23 [85KB] TOP

あなたは2001年2月25日から Counter 人目です。 Thank you ! (^^*) © 2001-2018 NYAN All Rights Reserved
TOP !